【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

鈴木さん(日向市)が総合優秀作品

本紙掲載日:2016-05-11
8面
日本ハンギングバスケット協会理事長賞を受賞した鈴木さんと、その作品「元気で頑張ってね」

ハンギングバスケット展

◆草花で空間をみずみずしく−日向

 空間を草花でみずみずしく彩る「花とみどりの日向サンパーク2016春・第13回ハンギングバスケット展」の表彰式が展示最終日の8日、日向市の日向サンパーク温泉イベント広場であり、総合優秀作品に選ばれた鈴木美恵子さん(66)=同市財光寺=に日本ハンギングバスケット協会理事長賞を贈った。実行委員会(実行委員長=横山幸道・日向サンパーク温泉施設長)主催。夕刊デイリー新聞社など後援。

 ハンギングバスケットとは、草花を寄せ植えした鉢をつるしたり壁に掛けたりして空間を飾るコンテナガーデンの一種。今回は市内外の愛好者68人から85点の応募を受け付け、先月24日から約2週間、同広場のスロープ壁面などに展示した。

 表彰式で、同温泉社長の十屋幸平市長は「期間中、多くの人の心を和ませてくれたことに感謝したい。皆さんの優しさや技術の高さを感じた」とあいさつ。審査員の一人、日本ハンギングバスケット協会宮崎県支部の川口むつ子支部長は「どれも優劣付け難く、審査にはとても苦労した。これだけの期間、この美しさを保てているのは、植物の生態をよく理解している証だろう」と講評した。

 鈴木さんは3回目の出品で初の総合優秀作品に輝いた。花好きだった母に付き合い、若い頃から「枯らしながら育ててきた」と笑う。

 「元気で頑張ってね」と題した今回の作品には、この春、就職などで新たな一歩を踏み出した親戚への思いと、制作中に発生した熊本地震の被災者への思いを込め、淡紫色と黄色の花をアクセントに、数種類の葉ものを組み合わせた。

 現在、自宅のリフォームに合わせ庭造りを始めたところ。「木漏れ日の差す、里山のような自然な庭にしたい」と心を弾ませている。

 入賞者は次の通り。

【日本ハンギングバスケット協会理事長賞】
鈴木美恵子(日向市)

【日向市長賞】
内山万里子(延岡市)

【日向市花のあふれるまちづくり推進協議会会長賞】
堀田幸彦(延岡市)

【日向市観光協会会長賞】
菊池純子(日向市)

【日向地区建設業協会会長賞】
喜読美紀子(延岡市)

【日向サンパーク賞】
那須理恵(日向市)木下まき子(同)

【日向サンパークお舟出の湯賞】
吉川良子(日向市)河野真智子(同)甲斐俊子(延岡市)

その他の記事/過去の記事
page-top