【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

指定管理者に2社が応募

本紙掲載日:2016-05-11
1面
公開で行われたヒアリング

延岡駅前複合施設−CCCとシダックス、6月に発表

 延岡市がJR延岡駅前に建設する複合施設の指定管理者の候補を選定する会議が10日、同市中小企業振興センターであった。同施設の連携民間事業者として一昨年から関わっているカルチュア・コンビニエンス・クラブ(略称CCC、大阪府)と、総合サービス業のシダックス大新東ヒューマンサービス(東京都)の2社が応募。小川敬之・九州保健福祉大学教授を委員長とする9人が審査した。

 市商工観光部によると、1月28日から指定管理者の募集を開始。2月17日に開いた説明会には4社が参加し、3社が参加表明書を提出したが、指定申請書を提出したのは2社だった。

 選定会議では書類審査の後、各社20分ずつヒアリングを行った。駅周辺整備の主目的である中心市街地のにぎわい創出のための戦略や雇用計画などについて委員が質問した。

 CCCに対しては、同社が指定管理者を務める武雄市図書館(佐賀県)と海老名市立図書館(神奈川県)の選書に、公共図書館として不適切なものが含まれていた問題にも触れた。

 同社の担当者は「防災面から増えたコストを調節するため、行政と協議して中古図書を入れたが、議会や市民に説明不足だったと反省している」と述べ、「本だけでなく、人や事から学ぶ−をコンセプトに、武雄市を中心に数多くイベントを行ってきた経験がある。市民活動との連携という点で力を発揮できる」とアピールした。

 シダックスは、図書館、カルチャーセンター、子育て支援センター、学校給食センターなど各種公共施設の指定管理業務を全国で展開している。「(複合施設に設けられるキッズスペースでは)各地で行ってきた子育て支援事業の経験が役に立つと思う。軽トラ市を開催したり、地元で行われているイベントと連動するなどして、中心市街地を人が回遊するようにする」と売り込んだ。

 ヒアリング後の協議は非公開で行われ、候補者が決まった。市長は同者を指定管理者候補として市議会の6月定例会に提案する。社名は定例会前の記者会見で市長が公表する予定。

その他の記事/過去の記事
page-top