【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水神さんに手を合わせ、子ども相撲奉納

本紙掲載日:2016-05-10
9面
開会式の神事には子どもも参加した。野口記念館前の人工の滝に向かって祭壇が設けられた(延岡市役所前第2駐車場で)
水神のほこらを囲んで二礼二拍一礼(桜小路)
ストラックアウトゲームを楽しむ子どもたち
水神祭りに欠かせない子ども相撲。好取組が会場を沸かせた

川中地区の17区合同で祈り

◆第20回水と緑を守る祭典−延岡

 「第20回水と緑を守る祭典」が8日、延岡市の川中地区一帯であった。地区内17区合同の水神祭り。水神のほこらを巡るウオークラリーや子ども相撲などがあり、地域に住む親子ら多くの人が参加した。水の安全を水神に祈願すると共に祭りのひとときを楽しんだ。実行委員会主催。

 五ケ瀬川と大瀬川に挟まれた川中地区には水神のほこらが多数ある。かつては各区ごとに水神祭りを行っていたが、少子高齢化で区ごとの開催が難しくなってきたことから、平成9年に同地区東側の9区が合同で行ったことが同祭典の始まり。その後に参加区が増えた。

 現在の17区の内訳は北町、中町、南町、中央通、本町、柳沢町、エスポワール柳沢、新町、船倉町、須崎町、東本小路、大貫町4、桜小路東、同西、天神小路、本小路1、同2。

 水神は、合祀(ごうし)されたほこらを1カ所と数えると8カ所にある。ウオークラリーでは1時間半をかけてこの全てを巡った。親子84人が参加。お神酒と水と御幣を供えて手を合わせた。道に落ちているごみも拾いながら歩いた。

 毎年参加している子どもは、ほこらの場所もよく知っている。のぼりを持って先頭を歩く役目を5年連続で務めた柳田顯真(けんしん)君(延岡小5年)は「このお祭りは、みんなで一緒に水神様巡りができるし、体力づくりにもなるところがいい。毎年楽しみにしています」と話した。

 ゴールの本小路街区公園では子ども相撲を奉納。ボールを的に当てる「ストラックアウトゲーム」、軽食の販売、抽選会などがあり、会場に笑顔があふれた。

その他の記事/過去の記事
page-top