【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

開館15周年で式典−延岡市立図書館北方分館

本紙掲載日:2016-05-10
2面
開館15周年記念式典の席上行われた感謝状の贈呈

 開館15周年を迎えた延岡市立図書館北方分館(末永富雄分館長)の記念式典が7日、延岡市北方町の同図書館であり、利用者や関係者が出席して祝った。

 式典に先立ち、熊本地震の犠牲者に黙とう。市立図書館の宮田喜夫館長が「皆さまのおかげで15周年を迎えることができました。これからも図書や情報を届け、イベントを行いながら図書館活動を推進します」とあいさつした。

 工藤英文北方総合支所長が、読書普及活動に功績のあった読み聞かせボランティアグループ「じゃんけんぽん」と、北方学園放課後子ども教室「なかよしクラブ」の代表者に感謝状と記念品を贈呈。また、平成27年度に実施した、スタンプラリーの上位3人、北方学園の神部ひびきさん(小学5年)、田邉凜さん(同)、甲斐みずきさん(同4年)にも記念品が贈られた。

 同日は式典後、お誕生日おはなし会が行われたほか、多目的研修室では12日まで自由に本を持ち帰れるブックリサイクルも開催している。

 同図書館は、平成13年5月7日、北方町立図書館として開館。ICチップによる図書管理システムや、歯科医院と併設される形の建物が注目を集め、県内外から視察団が訪れた。平成18年の合併後は延岡市立図書館北方分館として運営されている。

その他の記事/過去の記事
page-top