【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本地震、NATSが募金活動

本紙掲載日:2016-05-09
3面
募金活動するNATSのメンバー
「がんばろう九州」の横断幕の下、力走する選手
力走する選手を応援する熊本県・蘇陽中の生徒たち

第27回ゴールデンゲームズinのべおか

◆大会サポート「楽しんでもらえたら」

 第27回ゴールデンゲームズinのべおかの会場では延岡アスリートタウンサポーターズ(NATS)のメンバーらが熊本地震の義援金を募る活動を実施。募金箱を手に「ご協力をお願いします」と呼び掛けた。

 聖心ウルスラ学園高2年の和田理愛さんは「熊本も大分も身近な土地で力になりたいと思う。想像以上に皆さんが協力してくれてうれしい。これらのお金が早い復興の助けになれば」と話した。

 集まったお金は熊本、大分両県の復興支援に使われる。NATSの尼ケ塚将義会長は「募金と同時に、大会をサポートすることで大会に参加した熊本、大分の選手が楽しんで元気になってもらえたら」と話した。

 旭化成の熊本出身選手も活躍。1年半ぶりの復帰レースとなった堀端宏行選手(八代市出身)はレース前に「諦めずに踏ん張る姿で、応援してくれる人の気持ちを少しでも高められたら」と話していた通り、必死の走りで2位。「(震災直後は)まさか熊本でというショックが大きかった。まだ心配です」と話した。

 友人らが被災したという山都町出身の本田匠選手は自己ベストを更新し、組トップでゴールし、「今自分には(早期の復旧を)願うことしかできないが、頑張っていると思ってくれれば」と神妙に話していた。

◆休校乗り越え出場−熊本蘇陽中から後藤君

 被害を受けた熊本県蘇陽町から蘇陽中学校3年の後藤将希君が3000メートルAに出場した。「練習ができずに駄目だったけれど周りの声援が聞こえた。こういう雰囲気で走るのは初めて」と話した。

 同校陸上部の二子石信太郎顧問(27)によると4月14日の地震以降、25日まで休校となり部活の練習を再開したのは今月2日だった。

 目標にしていた大会は延期となり、断続的な余震で肉体、精神的にも疲れが取れない状況で臨んだ今年度初めての大会。出場したのは後藤君のみだが、他の生徒らも含めてトラックの最前列で出場選手に声援を送った。

 二子石顧問は「今、生徒は陸上のレースを見るだけで幸せを感じていると思う。選手たちの走りを見て憧れを持ったりしてほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top