【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本へ県民ボランティアが出発

本紙掲載日:2016-05-07
3面
熊本県西原村で活動する県民ボランティアの出発式(7日午前、高千穂町の県西臼杵支庁)

 県や県社会福祉協議会、宮崎市のNPO法人宮崎文化本舗が募集した県民ボランティアが6日、地震で被災した熊本県西原村に出発した。約20人が参加し、あすまで、被害家屋のがれき撤去などを行う。

 6日は高千穂町の県西臼杵支庁で出発式があり、稲用博美副知事が「余震が続く中での作業だが、被災地の皆さんに寄り添いながら力の及ぶ範囲で活動していただきたい」とあいさつ。ボランティアを代表して宮崎市から参加した新里淳一さん(57)が「被災された皆さんが一日も早く笑顔で生活できるようになることを目指し、知恵と体力、癒やしの力を結集してボランティア活動に当たりたい」と述べた。

 今回の派遣に当たっては、県内の企業や建設団体もバックアップ。マイクロバスのほか、携帯電話やトラックなどを無償で提供した。今後のボランティアの派遣については、被災地の状況やニーズを踏まえながら継続していくという。問い合わせは、同法人(筍娃坑牽機Γ僑亜Γ械坑隠院∧親午前10時〜午後6時)。

その他の記事/過去の記事
page-top