【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

がんばろう熊本交流会−高千穂

本紙掲載日:2016-05-07
3面
熊本県高森町のサッカーチームを招待して開かれた「がんばろう熊本サッカー交流会」(5日、写真提供・高千穂町企画観光課)

高森のサッカーチームを招待

 熊本地震の影響で練習できない状況が続いている熊本県高森町のサッカー少年を招いた「がんばろう熊本サッカー交流会」が5日、高千穂町総合公園折原グラウンドであり、地元スポーツ少年団の西臼杵FCとの試合などを通して交流を深めた。

 招待されたのは、高森町総合地域型スポーツクラブ「高SPO」のサッカーチームに所属する4年生以上の児童や指導者、保護者ら総勢55人。地震の発生以降、メンバーのほとんどが通う高森中央小学校が避難所や自衛隊の活動拠点などとなったため、先月25日まで休校に。現在もサッカーの練習はできず、大型連休中の遠征も中止になったという。

 交流会は、高SPOの佐藤健一コーチ(43)が、以前から面識のあった西臼杵FCの今村清美代表(46)に現状を話して実現した。

 この日は、グラウンドに2面のピッチを用意し、昼食休憩を挟んで午前10時から午後4時まで前後半30分の試合を行って交流。初夏の陽気の下、子供たちはピッチを駆け回りながら楽しくプレーした。高SPOの山内佑夏主将(11)は「久しぶりに(サッカーが)できて楽しかった」とにっこり。西臼杵FCの田邉楓来副主将(11)は「これからもっと交流をして仲良くしていきたい」と話していた。

 また、昼食は高千穂牛や鶏肉、豚肉、地元産の野菜などをバーベキューにして舌鼓を打った。

 佐藤コーチは「子供たちのために受け入れていただいた高千穂の方々に感謝したい」。また、高SPO保護者会の村上純一会長(38)は「練習ができずに気持ちが落ち込み気味だっただけに感謝の一言」と話していた。

 今村代表は「高SPO以外にも練習のできないチームがあると聞いているので、これから状況を見ながら一緒に練習や試合をしたりする機会をつくることができれば」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top