【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

魅惑のタンゴ、哀愁の世界へ

本紙掲載日:2016-05-06
7面
徳永二男さん(左)など4人の演奏者による「魅惑のタンゴ」

第21回宮崎国際音楽祭延岡でスペシャルコンサート

 第21回宮崎国際音楽祭スペシャルコンサート「徳永二男魅惑のタンゴ」が2日、延岡総合文化センター大ホールで開かれた。延岡市、同センター、県立芸術劇場など主催。

 徳永二男さん(バイオリン)、京谷弘司さん(バンドネオン)、淡路七穂子さん(ピアノ)、田辺和弘さん(ベース)によるコンサート。リズミカルで哀愁を帯びたタンゴが観客を魅了した。

 同音楽祭の音楽監督を務める徳永さんは、同音楽祭の初日からこの日までのコンサートの様子を紹介した後、「きょうはカラーの違うコンサート。タンゴを楽しんでいただきたい」と話した。

 ピアソラの「アディオスノニーノ」「タンガータ」、プラサの「パジャドーラ」など十数曲演奏し、タンゴの世界へと引き込んだ。

 第1部オープニング「想いの届く日」(ガルデル)では、徳永さんと淡路さんがロマンチックな音色を奏でた。また、滝廉太郎の「荒城の月」をタンゴにアレンジした作品は、4人が日本の名曲を情緒たっぷりに演奏した。

その他の記事/過去の記事
page-top