【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本地震被災者支援−チャリティバッグ制作

本紙掲載日:2016-05-04
6面
熊本地震の被災者を支援するために酒井さんが制作したファイルバッグ

酒井美由紀さん(延岡)

 延岡市の子ども美術教室「なないろ教室」の講師で、イラストレーター「miyu」としても活動する酒井美由紀さんは、熊本地震の被災者を支援しようとオリジナルファイルバッグ(千円)を制作した。売上金の全てを熊本地震の被災者へ届ける。

 縦約32センチ、横26センチのキャンバスバッグ。帽子をかぶった「いろクマ」がプリントされている。帽子には6色の水玉とハートの模様があり、悲しい時、楽しい時、うれしい時、苦しい時、きのう、きょう、あしたの色を表現。「たくさんの色が集まって虹色となり、希望となって被災地へ届くように」との思いを込めた。

 賛同者から活動費千円を受け取って材料費を捻出しているため、売上金は全て寄付に回せるという。さらに、バッグの水玉や靴の色塗り、ハート部分の刺しゅう、持ち手にフェルト生地を縫ってもらっている。既に20人ほどが賛同しており、「周りの人たちが共感してくれてうれしかった」と酒井さん。

 3日には、延岡市須美江町の須美江家族旅行村でバッグを販売した。酒井さんは「今後も売れ行きなどを見ながら続けていけたら」と話した。

 現在、国際協力NGOや被災した友人らから情報を収集しており、現地の子育て支援団体や避難所への直接寄付などを検討しているという。

 バッグ購入などの問い合わせは、なないろ教室(箟箍33・1480)。

その他の記事/過去の記事
page-top