【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

長浜海岸で清掃奉仕

本紙掲載日:2016-05-04
2面
海岸の流木などを拾い集める天理教延岡支部の皆さん

アカウミガメの産卵地−天理教延岡支部

 天理教延岡支部(松田知久支部長)は4月29日、延岡市の長浜海岸で清掃奉仕作業を行った。同教がボランティア活動の日と定める「全教一斉ひのきしんデー」の一環。毎年4月29日を指定日として、全国各地でさまざまな取り組みが行われている。

 同支部は、県指定天然記念物のアカウミガメの上陸、産卵シーズンに合わせ、県内有数のポイントとして知られる同海岸で15年ほど前から毎年活動している。直前に熊本地震が発生したことから、同支部有志で被災地・益城町を27日に訪れ、飯野小学校で炊き出しも行った。

 清掃奉仕には、幼児から高齢者まで約250人が参加。それぞれ用意したビニール袋を手に、流木やごみ、空き缶などを分別収集した。また、近くの道路の除草作業にも精を出し、環境美化に努めた。作業終了後は、同支部婦人会手作りによる豚丼が振る舞われた。

 延岡市教委文化課によると、昨年は方財、新浜海岸を含む市内全域で55頭の上陸数と、34回の産卵回数を確認しており、作業に参加した職員は「ウミガメはきれいな海に帰ってきます。カメのために、少しでも障害物がなくなるよう協力してください」と呼び掛けた。

 海岸のごみや流木は、親ガメの上陸・産卵や子ガメが海に帰る時の大きな障害となっている。ふ化には約70日かかるため、県は5月1日から10月31日までを保護期間に指定している。

その他の記事/過去の記事
page-top