【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

暮らしの底上げ実現へ特別決議採択

本紙掲載日:2016-05-02
2面
熊本地震による被災地支援の輪を広げることを誓った連合宮崎県北地域協議会の第87回メーデー

連合宮崎県北地協メーデー


 連合宮崎県北地域協議会(西田順議長)の第87回メーデーが4月29日、延岡市の野口記念館で開かれた。組合員の労働者ら約600人が出席。働く者の底上げ・底支え、格差是正などを目指すメーデー宣言と、暮らしの底上げの実現に向けた特別決議を採択した。

 メーンスローガンは「支え合い、助け合う、心をひとつに力を合わせ暮らしの底上げを実現しよう!」。

 あいさつで西田議長は「県北地域協議会は地域に根差した活動を行い、働くことを軸とした安心社会の実現にまい進したい」と述べ、組合員に協力を求めた。

 続いて、杉本隆晴副市長ら来賓があいさつ。連合宮崎の砂長勉副会長は「労働組合の一丁目一番地は仲間を増やすこと。現在の景気は依然、厳しいが、組合員と家族の生活を守るため、賃上げを勝ち取ってほしい」などと呼び掛けた。

 続いて、青年女性委員会副委員長の日高壮一郎さんがメーデー宣言案を、同委員会幹事の松尾恭介さんが特別決議案を朗読し、出席者が大きな拍手でこれを採択。最後は、熊本地震で被災した熊本県と大分県の復興・再生に向け、一丸となって支援の輪を広げていくことを誓った。

 式典前に行われる予定だったデモ行進は、熊本地震の発生を考慮して中止し、被災地支援に力を入れることを確認した。プラカードのデザインを競うコンクールなどは行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top