【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

関係者集い祝賀会−延岡

本紙掲載日:2016-04-30
2面
グループホーム潮風1号館
グループホーム潮風2号館。1階は薬局で、グループホームは2階部分

医療法人隆誠会−グループホーム2棟

 医療法人隆誠会(山弘道理事長)は、延岡市緑ケ丘に、精神・知的障害者のグループホーム潮風1号館と同2号館を建設、4月27日に両館の竣工(しゅんこう)祝賀会を開いた。

 潮風1号館は、新築木造平屋建てで、延床面積は247・71平方メートル。居室は10室。木を多用した開放感ある施設で、共同の浴室、食堂、キッチンがある。防犯用のブザーが備えられ、押すと警備会社を通してすぐ北側にある延岡保養園へと連絡されるという。既に昨年11月から入居が行われており、4月で全室入居となった。

 同2号館は、1号館隣に開設された「そうごう薬局」の2階をリフォームした。鉄筋コンクリート造りで延床面積88・44平方メートル。居室4室。建築工事も済み、これから入居を受け付けるという。

 両館とも、各部屋に最初からエアコン、ベッド、カーテンが備えられている。グループホームには、世話人や「サービス管理責任者」の有資格者らが常駐して、食事の準備や金銭管理などを指導。地域の中で自立した生活を送れるよう支援する。

 施設管理者の宇藤恒生さんによると、今後世話人を増員するなどして、より充実させていくという。

 延岡保養園であった竣工祝賀会には、関係者など約60人が出席して、両館の竣工を祝った。

 山理事長は出席者らに感謝して「指導、サポートすることで社会復帰を促し、より社会人らしい生活を送ってもらうことが大きな目的。これからもご支援、ご理解いただきたい」。

 宇藤さんは「母体である延岡保養園との連携を深め、一丸となって地域精神医療の充実に尽力したい」とあいさつした。

 両館とも随時、見学などを受け付けている。詳細は、グループホーム潮風1号館(電話延岡20・5151)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top