【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

茶摘みから炒るまで体験−延岡

本紙掲載日:2016-04-29
6面
一生懸命に茶葉をもむ三川内小中の生徒
熱さに耐えながら釜炒り体験

三川内小中の中学生10人

◆おいしいお茶できたかな

 延岡市三川内小中学校(神崎千年校長、29人)で28日、お茶づくり体験があり、中学生10人が地域の高齢者と共に茶摘みから茶炒(い)りまで一連の工程を自分たちの手で行った。旧三川内中学校から続く伝統行事の一つ。

 同校でお茶づくりを指導している戸盖彿犬気鵝複僑院砲版潴斛型優ラブ(日皀潺疎緝宗砲硫餔9人と共に体験。茶山での茶摘みから袋詰めまでを行った。

 三つの釜で生葉約30キロを炒った。戸發気鵑ら「葉を釜に入れてパチパチという音がすれば炒ってよし」と言われ、生徒たちは釜の熱気に耐えながら焦げ付かないよう素早く混ぜ合わせた。

 炒った茶葉は、ざるに移してもんだ後、再び釜へ。この工程を4回繰り返し、一日かけてお茶を作り上げた。

 初体験の松奈々さん(1年)は「摘むときは友達と楽しく話しながらできたけど、炒るのは熱くて思っていたよりも大変だった。おいしいお茶になってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top