【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東九州道、事故多発

本紙掲載日:2016-04-29
3面

平成27年、22件増の210件

◆路線別でも最多−GWは安全運転を

 宮崎市と北九州市がつながった東九州自動車道。利便性が高まった一方で、平成27年の交通事故件数は210件と前年より22件増えている。今月27日にも門川インターチェンジ(IC)近くで1人が亡くなる衝突事故があったばかり。ゴールデンウイークを迎えて交通量の増加が予想される中、高速道の運転にはより注意が必要だ。

県警高速道路交通警察隊によると−、

 東九州道での交通事故は、▽平成24年が81件▽25年129件▽26年188件▽27年210件−と延伸に伴って増加している。

 県内の路線別でも、平成27年は▽宮崎自動車道190件▽九州自動車道30件▽九州中央自動車道22件−で東九州道が最も多い。

 IC区間別は、▽高鍋−西都が34件(前年比7件減)と最も多かった。次いで、▽延岡―延岡南33件(同21件増)▽日向―都農29件(同14件増)▽門川―日向23件(同6件増)と県北の区間が続く。

 東九州道は県内区間127・8キロのうち、約7割の90・7キロは片側一車線の上、センターポールで仕切られただけの簡易分離帯。27年は、この簡易分離帯を突破する事故が22件あり、前年より8件増えている。対向車線にはみ出すと大事故につながりかねない。

 事故原因は脇見やハンドル・ブレーキの操作ミスのほか、スピードや変化の乏しさなどが眠気を誘う「高速催眠現象」などが挙げられる。眠気や疲れを感じたら、パーキングエリアで早めに休憩することが大切。警察は安全運転を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top