【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日豊線高速化(来年度)県が調査

本紙掲載日:2016-04-27
3面

新幹線建設促進期成会


◆比較データそろえ、県民説明会

 東九州新幹線鉄道建設促進期成会(会長・河野知事)による東九州新幹線の調査報告書がまとまったことを受け、県は26日、日豊線の高速化に関する同様の調査を来年度にも実施し、比較データをそろえた上で県民と意見交換する考えを明らかにした。県議会総務政策常任委員会(二見康之委員長、8人)に示した。

 宮崎、大分、福岡、鹿児島県、北九州市などでつくる同期成会は、シンポジウムなどで東九州新幹線への住民意識が高まっているのを機に、現実を見据えた幅広い議論の基礎データを得ようと調査を実施。先月の概要版に続き、26日に最終版を公表した。

 報告書によると、宮崎−博多間が1時間35分で結ばれ、整備による経済効果は九州全域で約6兆2100億円と試算。一方で、整備費総額は約2兆6730億円、30年償還とした場合の県内の実質負担額は年平均で最大約57億円と見込まれるなど課題も浮き彫りとなった。

 県は調査結果を県民に報告することにしているが、比較できる十分なデータがあればより丁寧な説明ができると判断。日豊線の高速化調査を来年度にも実施し、その結果と東九州新幹線のメリット、課題を照らし合わせてより深い議論をすることとした。

 期成会では今後とも、4県1市による東九州地域の将来発展に向けた取り組みとして、基本計画から整備計画への格上げを国に対してアピールし続けていく方針。

その他の記事/過去の記事
page-top