【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもたちのやる気引き出す

本紙掲載日:2016-04-22
8面
富島中学校での国語の授業風景。3年生と一緒に森鴎外の小説「高瀬舟」について楽しく学んだ(昨年11月)
木原雅子さん

「WYSH教育」提唱者の木原雅子さん

◆5月12日−日向市で講演会

 京都大学大学院准教授、一般財団法人日本こども財団理事長で、子どもたちのやる気を引き出すWYSH(ウィッシュ)教育の提唱者である木原雅子さん(62)の講演会「日向市ではじまった、学力向上のための新たな挑戦」は5月12日午後7時から、日向市中央公民館である。同財団主催。同市教育委員会など後援。入場は無料だが、事前申し込みが必要(日本こども財団筍娃沓機Γ沓沓院Γ牽牽牽機¬笋す腓錣擦眛韻検法

 講演タイトルにもある〃新たな挑戦〃とは2年前、平成26年度から始まった木原さんと同市富島中学校の取り組み。「素直なのに勉強は嫌い。そんな生徒たちを変えたい」。きっかけは黒木広充校長からの相談だった。

 しかし、木原さんのもとには、いじめ、不登校、学級崩壊などの課題を抱える全国の学校から助けを求める声が多く届く。教材の開発に要する時間や経費の都合から、その中でも深刻な学校を優先し、1校1回の訪問を基本に対応している状況だった。

 それでも、黒木校長は諦めなかった。「話だけでも聞いてほしい」「力を貸してほしい」−−2回、3回と連絡を取るうち、平成26年9月、ようやく同中に来てもらえることになった。

 「もちろん1校1回のつもりだった」と木原さん。しかし、その後、木原さんは2年間で6回も訪問することになる。なぜか。「先生たちの生徒たちに対する熱心さ、学校を変えようとする熱心さが、他の学校とは全く違っていた。それが私を引き留めた」

 そして覚悟を決める。「こんなに熱心な先生たちが、ここまで努力しても変わらないんだったら、私は専門家として手伝うべきだろう」。取り組みはそこから始まった。

 学力を上げることにより生徒たちの自尊感情を高めようと考えた木原さんは、まず初めに「自分探しの授業」を展開。生徒たち自身に夢や目標、勉強の必要性を気付かせていった。

 そこから「嫌いな科目を好きになってもらおう」と、同中のために開発した教材を英語、数学、国語の授業に適用し、ありとあらゆる角度から生徒たちの感性を刺激し、引き付けていった。

 例えば、森鴎外の小説「高瀬舟」を取り上げた3年生の国語の授業。1時間目は漫画化、映像化された「高瀬舟」を活用しながら現代語に訳し、語句の意味や歴史を楽しく丁寧に説明していった。

 弟殺しの罪人である主人公が、島流しをされるに当たって、お上から200文を与えられる−−というくだりでは、200文を現代の貨幣価値に置き換えて理解を深めた。

 2時間目はクイズ形式の授業。徐々に抽象度を上げ、最後は「人生の幸せとは何か」を考えてもらうグループワークに発展させた。

 「国語の苦手な生徒も成績の悪い生徒も全員で楽しみ、こんなに難しい物語を理解できたという達成感と、その物語に対する考えを自分の言葉で表現し、みんなの前で発表できたという自信を付けてもらいたかった。さらに、時代も状況も違う物語からでも、自分の人生を振り返るきっかけになるということを感じてもらいたかった」と狙いを語る。

 今回の講演会は、同中で実践してきた授業の教材を「より広く、日向市の子供たちのために使ってもらいたい」との思いから開く。同中の授業の様子を録画したDVDを見ながら講演する。

 「子供たちは潜在的にすばらしい力を持っている。エンジンさえかかったら、頬ずりしたくなるくらい伸びていく。そこを引き出せるかは大人にかかっている」と木原さん。「子供が変われば地域も変わる。地域も企業も巻き込んで、たくさんの大人の手で子供たちの教育を支えてほしいと願っている」と話している。

【木原雅子さん】
長崎県諫早市出身。医学博士。社会疫学者。自発的な行動変容を促す教育・指導方法の開発を専門とする。カリフォルニア大学サンフランシスコ校リサーチコンサルタント、ニューサウスウェールズ大学客員研究員、長崎大学医学部助手、広島大学医学部講師を経て現在、京都大学大学院で教壇に立つ傍ら一般財団法人日本子ども財団理事長、NHK教育いじめ関連番組専門家委員、文部科学省生徒指導指導者養成研修会講師など多数兼任。

その他の記事/過去の記事
page-top