【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ニニギノミコト像が損壊−高千穂

本紙掲載日:2016-04-20
2面
熊本地震で損壊した国見ケ丘のニニギノミコト像(19日、高千穂町)

国見ケ丘、立ち入り禁止

 高千穂町の観光名所の一つ、国見ケ丘(標高513メートル)のニニギノミコト像が熊本地震で損壊した。町は「大きな揺れが来たら次は倒れる可能性が高い」と判断し、周辺一帯を立ち入り禁止にしている。規制解除は未定。

 震度5強を観測した約9時間後の16日午前10時すぎ、町観光協会の職員が地震による被害状況を確認するために、同協会が運営する施設などを巡回中に発見。町に報告し、同日中に規制が敷かれた。

 同所には3体の像が設置されており、町によると19日午後現在、破損しているのはその中央に立つニニギノミコト像。両足首が真っ二つに割れ、像が少し後ろに滑り落ちている。

 町は今後、同像を重機で慎重につり上げて横にし、強度を上げる措置を取って元の状態に戻したい考え。ただし、そのめどは立っていないという。

 町によると、像はいずれも地元神楽酒造の初代社長の寄贈品。最も高い場所で4・8メートル。損壊などの大きな被害は今回が初めてという。

 町企画観光課は「国見ケ丘は当面、立ち入り禁止になると思います。お越しの際は、ホームページなどで最新情報を確認してください」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top