【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

友達のために何かしたい−延岡

本紙掲載日:2016-04-20
1面
大学生の募金の呼び掛けに応える買い物客(19日午後、コープ浜町店で)

熊本から避難、延岡出身の学生

◆6大学の40人−募金呼び掛け

 熊本県から避難してきた延岡市出身の大学生たちが募金活動を始めた。熊本大、九州ルーテル学院大、崇城大、東海大、熊本保健科学大、九州看護福祉大の40人が参加。市内のスーパーの店頭に2〜4人ずつ分かれて立ち、協力を呼び掛けている。きのう、同市浜町のコープ浜町店前では、募金の呼び掛けに応えながら「大変だけど頑張って」と学生たちを励ます声が聞かれた。

 発起人は延岡高校出身で熊本大理学部2年生の松尾颯志郎さん(20)。松尾さんは17日、心配して迎えに来た両親と共に実家に戻ってきた。

 16日未明の地震発生時は友人宅で寝ていた。本が落下、食器も落ちて割れ、部屋はぐちゃぐちゃ。揺れが収まってから明け方まで大学のグラウンドで過ごした。その後いったん友人宅に戻ったが、水道が止まったため、中学校の体育館に避難したという。

 「グラウンドに避難していた時、学祭の実行委員や体育会がブルーシートを敷くなどの世話をしてくれた。彼らがハードワークになっていたのを知っていたのに力になれなかったことへの後悔もあった。自分は延岡に避難できるが、残らざるをえない人たちのために何かしたいと思った」と松尾さん。

 ツイッターで仲間を募り、賛同の輪が他大学にも広がった。高校時代に通っていた白谷塾(平原町)の教室を借りて募金箱や趣意書を作り、店頭に立つ許可を取って、早速活動を始めた。

 大学生の募金活動は同店のほか、ビッグマートUFO(栄町)、HIヒロセ(浜町)、ヘルストピア延岡(長浜町)、JR延岡駅(幸町)の計5カ所で午後1時から同7時まで。22日までの予定だが、延長する可能性もある。

 集まったお金は、熊本県が県知事名義で開設している「熊本地震義援金」に送金する。

 松尾さんらによると熊本大は、五高記念館(明治22年建設)の一部損壊以外に建物に被害はなかったが、室内は備品が散乱、立ち入り禁止になっており、ゴールデンウイーク明けまで休講が決まっているという。

その他の記事/過去の記事
page-top