【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

熊本地震−南阿蘇村へ救援物資

本紙掲載日:2016-04-19
2面
救援物資を積んで熊本県南阿蘇村に向かう延岡市のトラック(18日午後2時すぎ、市役所駐車場)

飲料水や食料など−延岡市

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村を支援しようと、延岡市は18日、同村に飲料水や食料、簡易トイレなどの救援物資を搬送した。同地震に伴う延岡市の一連の対応で、救援物資を支援するのは今回が初めて。

 延岡市長が同村に支援を申し入れた。

 地震により南阿蘇村は、阿蘇大橋や俵山トンネルの崩落などで西側の熊本市方面からの交通が途絶している状況。東の延岡市方面からの支援が効率的なため、首藤正治市長が、緊急物資を受け入れてもらえるか同村に直接電話で伝え、決まった。

 搬送物資は、市が備蓄している物品の一部の水100ケース(2リットル×600本)、ソフトパン40箱(960人分)、簡易トイレ50箱(4000枚)、毛布30箱(300枚)と、村から要望のあった野菜(生野菜、炊き出し用)、紙皿・紙コップなど食器類(2000人分)など。

 出発式で、首藤市長は「余震などが予想されるため、職員は安全を第一に気を付けて物資を届けてほしい」と激励。搬送先に赴く職員6人を代表して総務課の松田康寿さんが、「被災者に勇気と元気を持ってもらえるよう、延岡市の支援物資と市民の気持ちを届けたい」と決意を表明した。

 この後、職員は、救援物資を積んだトラック2台と普通自動車の計3台に乗り込み、市長はじめ関係職員らが拍手で見送る中、現地に向けて出発。同村久木野庁舎などに物資を届けるとともに、村の要望を聞くなどして同夜に無事に帰延した。

 熊本県を震源地とする地震が発生した14日以降、延岡市は熊本県に緊急消防援助隊として市消防職員17名を出動させるとともに、高千穂町や熊本市に給水車を派遣するなどしている。

その他の記事/過去の記事
page-top