【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

国道218号土砂崩れ、車線ふさぐ−高千穂町

本紙掲載日:2016-04-16
3面
高千穂峡内の駐車場に通じる町道で発生した落石の現場(16日午前)

熊本地震−県道・高千穂大橋の路肩陥没

 大きな揺れに襲われた西臼杵では、これまでに国道や県道、町道で土砂崩れや落石、倒木などの被害が出ている。停電や断水となっている地域もある。人的被害はないという。

 高千穂町押方の国道218号では、高さ約50メートル、幅約30メートルにわたって土砂崩れが発生。地震の揺れで国道脇の山から土砂や樹木を伴って大きな岩が落下、片側車線をふさいでいる。現場は片側交互通行。県西臼杵支庁によると、相次ぐ余震で二次災害の発生が懸念されるため、復旧作業には至っていないという。

 国指定名勝・天然記念物の「高千穂峡」周辺でも被害が出ている。眼下に峡内を見る県道203号の「高千穂大橋」では、橋のたもとの路肩が長さ6メートルほどにわたって陥没しており、橋を通行止めにしている。峡内の駐車場に通じる町道で落石があり、こちらも通行止めとなっている。また、峡内は落石の恐れがあるなどとして、16日から当分の間、立ち入り禁止とした。

 同町上下水道課によると、三田井地区と押方、岩戸地区の一部に当たる約2600世帯で断水となっている。各家庭に供給する水源地の水が濁ったためとみられ、復旧のめどは立っていない。県を通じて自衛隊に給水活動を要請するなど臨時給水所の設置に向けて準備を進めている。また、同町五ケ所では89世帯で停電しており、復旧していないという。

 五ケ瀬町では各家庭に供給される水の濁りの範囲が拡大。町役場などに臨時の給水所を設けている。(午前11時現在)

その他の記事/過去の記事
page-top