【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

荘村清志さんギターリサイタル

本紙掲載日:2016-04-13
7面

「音楽の散歩道シリーズ」23回目

◆6月12日−延岡総合文化センターで名曲の数々

 ギター奏者の荘村清志さんのリサイタルが6月12日午後2時から延岡総合文化センター小ホールで開かれる。チケットの一般発売が始まった。同センターと夕刊デイリー新聞社が主催する「音楽の散歩道シリーズ」第23弾。

 荘村さんは1947年岐阜市出身。9歳からギターを始め、64年にスペインに渡った。ヨーロッパや北米各地での公演や国内オーケストラとの共演、多くのCDアルバムを発表している。NHK教育テレビ「ギターを弾こう」「趣味悠々」などに出演。現在、東京音楽大学客員教授。

 リサイタルでは、F・タレガの「アルハンブラの思い出」、I・アルベニスの「グラナダ」「入り江のざわめき」、また映画音楽「禁じられた遊び」より「愛のロマンス」などを演奏する。

 チケット(全席自由)は前売り一般2000円、学生1000円。当日はいずれも300円増し。未就学児不可。チケットは延岡総合文化センター、門川町総合文化会館、日向市文化交流センター、さわたり楽器店、たつたレコード店、TSUTAYA岡富店、西村楽器延岡店、延岡市役所売店、明屋書店一ケ岡店、上ノ山クラシックギター教室などで扱っている。

 無料託児室を設置予定。希望者は6月1日までに延岡総合文化センターまで申し込む。問い合わせは同センター(電話延岡22・1855)。

その他の記事/過去の記事
page-top