【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

十屋新市長に期待する日向市の課題(3)

本紙掲載日:2016-04-13
1面
ポート・オブ・ザ・イヤーを受賞した細島港(牧島山から)

細島港

◆存在価値増す重要港湾−発展戦略に欠かせない宝

 今年1月15日、1年間を通じて港湾活動と話題づくりが最も優れていたとして、日本港湾協会が全国994の国内全ての港湾の中からただ一港を選ぶ「ポート・オブ・ザ・イヤー2015」に細島港が選定・受賞が決まった。

 受賞理由は、「みなとが持つ多機能性を生かし、市民、立地企業、港湾関係者、行政が一体となった取り組みを進めることで『みなとと地域の元気』を高めることに貢献している」。

 細島港では、港湾と高速道路の物流インフラの強化、官民一体となった企業誘致や細島みなと祭りの継続、桜をシンボルとした牧島山の防災拠点づくりなど、これまで多面的な取り組みを続けてきた。これらが高い評価を受けての受賞に市や港湾関係者からは「栄誉な賞。飛躍・発展の弾みになる」と喜びの声が上がった。

 受賞対象となった昨年は、整備が進められていた新国際物流ターミナルが完成、2カ所目となる水深13メートル岸壁に、荷さばきを行うふ頭や港湾道路も整えられ、6月に運用が開始されるなど、機能が強化された年だった。

 これに加え、新たな細島港の港湾計画によると、さらなる港湾機能の強化・充実が進められ、より大型の貨物船に対応する水深15メートル岸壁の新設、背後地に企業誘致のための工業用地24・5ヘクタール、市民や港湾来訪者が集う交流拠点づくりなどが盛り込まれている。

 水深13メートル岸壁への接岸可能な貨物船は4万トン級。船舶の大型化が進む中、13メートルより深い岸壁はこれからの必要条件。水深15メートルの岸壁ができれば、7万トン級の貨物船の入港が可能となる。

 細島港では、韓国、中国など国際定期航路と国内定期航路が開設され、近年のコンテナ貨物取扱量、貿易額は年々、伸び続けている。平成27年の統計はまだだが、市商工港湾課は「細島工業団地に進出した中国木材が本格稼働したこともあり、増えていることが期待される」と話す。

 細島港は国選定の重要港湾であり、本県の交易拠点港。企業誘致の大きな武器になり、産業振興や経済浮揚効果をもたらす細島港の存在価値は計り知れず、「細島港は日向の宝」との認識に変わりはない。

 大学教授や産業界に観光業界団体、市民代表らで構成した策定協議会で協議を重ねて策定した「細島港を核としたグランドデザイン」。その中で示した展望にこんな記述がある。

 「進展する細島港や高速道路網の整備とともに、これらのポテンシャルを最大限に活(い)かし、日向市とその背後圏で生産・製造されたものを世界に向けて輸出し、世界各地の『もの』を細島港に集めることで、圏域の経済の活性化、活発な企業活動、新たな企業の誘致等を実現し、日向市発展の礎となる施策を推進します」

 産業面をはじめ観光、防災などあらゆる分野に寄与する細島港の「港を生かした発展戦略」は、これからの港湾整備と相まって、ますます重要度を増してくる。

その他の記事/過去の記事
page-top