【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「桜川」に思いはせる

本紙掲載日:2016-04-12
8面
全員で「網之段連吟」を披露する参列者の皆さん
桜川「網之段」の舞を披露するゆりかご児童館の子供たち
日ごろの錬成の成果を披露した延岡観世同好会大会
大会に花を添えるゆりかご児童館の子供たちによる仕舞「田村」
桜児の碑と併置された桜児の母像

延岡観世同好会−しめやかに桜児の碑祭

 世阿弥作の謡曲の名曲「桜川」に由来する「平成28年桜児の碑祭」が10日、延岡市の内藤記念館の桜児の碑、桜児の母像前であった。伝統文化の能楽を守り、文化財顕彰に努めようと同市文化連盟能楽部門の伝統行事として毎年開催している。同市文化連盟に所属する延岡観世同好会(出島正昭会長)主催。

 式典で出島会長は、「こうして式典が行えることは幸せ。郷土に愛され、郷土を愛する文化活動に精進していきたい」と述べた。

 献花などに続き、ゆりかご児童館で能楽を学ぶ子どもたちが桜川「網之段」の舞を、参列者全員が「網之段連吟」を披露した。

◆仕舞で花添える山口君と上杉君

 また、式典後には市社会教育センターに会場を移し、同好会大会を催した。観世流謡曲の仕舞・囃子(はやし)・舞囃子など日ごろの錬成の成果を披露した。

 会員の演目に先立ち、ゆりかご児童館の山口大空=ひろたか=君(延岡小1年)と上杉晃絆=こうき=君(南方小1年)が仕舞「田村」を舞って花を添え、大きな拍手が送られた。

 謡曲「桜川」は、貧しい母親を助けるために自らの身を売った日向の国の少年・桜児と、桜児を探して旅に出た母親の物語。2人は3年の後、苦難の末に常陸国(現在の茨城県)でようやく再会を果たし、めでたく一緒に古里・桜の馬場に帰る。「桜川」「桜の馬場」の地名から延岡にゆかりがあると伝えられている。

その他の記事/過去の記事
page-top