【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“人間力アップ”目指す

本紙掲載日:2016-04-12
2面
内藤記念館や延岡城跡で延岡の歴史を学んだ受講生の皆さん

歴史探訪などで研さん−国際RC第2730地区青少年指導者養成プログラム

 国際ロータリー第2730地区宮崎県北部・中部分区合同の「青少年指導者養成プログラム(ライラ)」が10日、延岡市社会教育センターなどであった。受講生は19〜30歳の若手社会人で、延岡市内外から約100人が参加。グループワークや講義を通して今回のテーマ「人間力アップ」を目指すとともに、プログラムに沿って自らが持つリーダーシップの養成に励んだ。同地区奉仕プロジェクト部門ライラ委員会主催。

 開講式では、宮崎県中部分区ガバナー補佐の橋口正樹さんが主催者を代表して「充実した時間を過ごして将来の役に立ててほしい」とあいさつ。

 第2730地区ガバナーの野中玄雄さんは「人間力の基本は奉仕。その精神を大いに学んでください」、今回ホストを務めた延岡東ロータリークラブの有村誠会長は「今回の経験を所属する組織で生かし、成長してほしい」と受講生を激励した。

 開講式後、受講生たちは3班に分かれ、内藤記念館や延岡城跡を巡る延岡歴史探訪ウオークに出発。ボランティアガイドの案内を受けながら延岡の歴史に触れた。

 昼食を挟んで行われたセミナーでは、人財科学研究所の工藤智徳代表による講話を聴講。メンタルヘルスケアとともに、万人に共通であるという「笑顔」の重要性を訴える工藤さんの話を踏まえ、グループワークでコミュニケーションや倫理について学んだ。

 閉講式でプログラムの終了証を受け取った受講生からは「見識を深めるいい機会だった」「心が人間力向上の大切な要素だと分かった」などの声が聞かれた。

その他の記事/過去の記事
page-top