【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−「いいね!」増やしたい

本紙掲載日:2016-04-11
3面
「延岡市は空気がきれいだし、チキン南蛮もおいしかった」と話す庄野真代さん

国境なき楽団庄野真代さん

 「音楽のある場をたくさんつくりたい」。6日、延岡市でコンサートを開いた歌手・庄野真代さんのもう一つの顔はNPO法人「国境なき楽団」の代表理事。家庭に眠る楽器を集め、途上国の子どもたちに送る活動を続けている。

 音楽ボランティアでフィリピンの施設を訪ねたのがきっかけ。「楽器に触ったこともない子どもたちが大喜びしてくれた。楽器は人の心を和ませ、うれしい気持ちにさせる手っ取り早い道具だった」

 平成18年に法人を設立。全国から寄せられた楽器はボランティアの「磨き隊」が心を込めて手入れし、これまでに管楽器、弦楽器を含む約4800個を約40カ国の子どもたちに届けたという。

 コンサート会場にも回収箱を設置、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなど約80個の楽器が集まった。「初めて楽器を手にした時のうれしい気持ちは、次に手にした子どもたちの笑顔につながる。そんな『いいね!』をこれからも増やしていきたい」

 「飛んでイスタンブール」の大ヒットから38年。当時と変わらない魅力的な笑顔がそこにあった。

その他の記事/過去の記事
page-top