【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

母親の教え三行詩に−延岡

本紙掲載日:2016-04-08
3面
受賞を喜ぶ甲斐瑠々花さん

文科省など主催−甲斐瑠々花さん(南方小4)がPTA全国協会長賞

◆「かがみは先にわらわない」

 文部科学省などが募った家庭教育や命の大切さなどへの思いをつづった三行詩の優秀作品がこのほど発表され、延岡市小峰町の甲斐瑠々花さん(9)=南方小学校4年=が、文科省とともに事業を主催する日本PTA全国協議会の会長賞を受賞した。同賞や大臣賞など優秀12作品に選ばれたのは、県内で甲斐さん一人。

 事業は「楽しい子育て全国キャンペーン」〜家庭で話そう!我が家のルール・家族のきずな・命の大切さ〜三行詩募集。家庭のルールや正しい食生活など基本的な生活習慣づくりなどについて親子や家族間で話し、一緒に取り組む活動を社会全体で呼び掛けようと毎年行われている。

 平成27年度は、全国から小学生の部に8万3859作品、中学生の部に5万6219作品、一般の部に9591作品の計14万9669作品の応募があり、選考会を開いて文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、日本PTA全国協議会会長賞、「早寝早起き朝ごはん」全国協議会会長賞に各部1作品、全12作品を選んだ。

 甲斐さんの受賞作品は、「お母さんが教えてくれた『かがみは先にわらわない』いつも心においてるよ」。まず自分自身がほほ笑みかけなければ、鏡に映った顔が先にほほ笑むことはない。そのため、まず自分がほほ笑み、相手に楽しい気持ちになってほしいとの思いを込めたという。

 母の恵子さん(43)が昨年5月ごろ、お坊さんから聞いた話を瑠々花さんに伝えたことがあるという。話の持つ意味に感動した瑠々花さんは、よりほほ笑んで家族や友だちに話し掛けるように実践。そのころ募集のあった三行詩に、母の言葉を常に心に留めて生活していることを表現した。

 「あの時に聞かせた言葉を素直に受け取ってくれ、実践してくれていたことが母親としてうれしい」と恵子さん。娘の受賞を喜ぶとともに、「受賞を通じて、東京の表彰式に一緒に出席し、改めて二人でゆっくり話をする時間がもてるなど、本当に貴重な機会をいただいた」と感謝した。

 3年生まで通っていた黒岩小学校で毎日、俳句や短歌を作っていたこともあり、物語や手紙など書くことが好きだという瑠々花さん。「心に残ったことを書いた詩が賞をもらえてうれしい。これからもほほ笑みを忘れずに人に接し、相手を元気にすることができたら」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top