【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさと日向に思い込めて

本紙掲載日:2016-04-07
6面
「馬ケ背しぐれ」を作詞作曲した萱野さんと歌手の水田さん(提供写真)

萱野勲夫さん「馬ケ背しぐれ」発表

 日向市細島出身で、日本作詩家協会会員の萱野勲夫さん(83)=大阪府寝屋川市在住=が作詞作曲したCDシングル「馬ケ背しぐれ」が、徳間ジャパンコミュニケーションズから発売された。タイトル通り、ふるさと日向を歌った楽曲。萱野さんは「日向の皆さんの少しでも役に立てれば」と話している。

 萱野さんは子どもの時から文芸に興味があり、「書くことが大好きだった」という。細島小から旧制延岡中学校に進学。同校1期生の歌人若山牧水や牧水の歌の友だった石川啄木の作品に触れ、その感性を磨いた。

 もともとは会社員。約20年前に脳梗塞を患ったことをきっかけに作詩家の道へ。「多くの時間ができたので書くことに没頭し、作詩家協会に投稿し続けました。それで認められて入会することができました」

 これまで世に送り出した作品は30〜40曲。そのほとんどが故郷に向けたもの。「牧水や啄木から学んだのが望郷の心。歌詞を書く上で大切にしています」という。

 馬ケ背しぐれは全3番からなる演歌。「十文字(くるす)の海」など日向の地名が出てくる。歌手の水田かおりさんの新曲としてリリースされた。CDには東郷町や椎葉村を描いた2曲も収録されており、いずれも萱野さん作詞。

 萱野さんは「中学校の還暦同窓会で帰郷した際、親友から『馬ケ背の歌を作ってほしい』と言われました。それがずっと心に引っかかっていて、今回やっと作品にできた。乾坤一擲(けんこんいってき)の思いで仕上げました。ぜひ多くの人に聞いてもらいたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top