【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

話題−地域包括支援センターに市民の力を

本紙掲載日:2016-04-06
3面

 「地域の人材や企業・団体など、高齢者が安心して暮らせる地域づくりにご協力いただけるボランティアを探しています」と呼び掛けるのは、延岡市中央地域包括支援センターの松嶋美保さん=写真(右)=と市健康福祉部介護保険課の日睛技劼気鵝

 昨年4月に介護保険制度が改正されたのを受けて、地域包括支援ケアシステムの構築が急務となった。団塊の世代の人たちが75歳以上になる平成37年をめどに、重度な要介護状態となっても住み慣れた場所で自分らしい暮らしを最後まで続けられる地域づくりを目指す。

 医療や生活支援介護などさまざま地域のボランティア、自治会を含めて一つの大きなまちづくりをすることがテーマ。

 ある地域では建築業者が「地域の方(高齢者)なら見守りやごみ出しをしますよ」と申し出た。別の地域では、自宅のガレージを、近所の男性が集まれるようなサロンとして開放しているという。手近にできることが、住みよいまちづくりの第一歩になる。

 介護保険導入前は地域のボランティアや家族が積極的に関わってくれたが、導入後は「お金を出せば制度が面倒を見てくれる」で、そこから手が離れてしまった。ボランティアが減り、家族の関わりが希薄になった流れを元に戻すにはどうしたらいいかを模索中だ。

 「費用と人材の面で『公助』だけでは賄えなくなった時代に『自助』と『共助』で補えるのが住民の力だと思っています」と、眠っている〃地域の宝〃の掘り起こしに懸命だ。

その他の記事/過去の記事
page-top