【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

甲斐壮真さん後輩たちにメッセージ

本紙掲載日:2016-03-31
7面
体験や今後の抱負を後輩たちに話した甲斐壮真さん

延岡しろやま支援学校・聴覚障がい教育部門

◆延岡学園高からトヨタへ体験と夢語る

 県立延岡しろやま支援学校(別府宗光校長)聴覚障がい教育部門はこのほど、同校で「先輩と語る会」を開いた。高校野球の強豪延岡学園高校を今春卒業し、愛知県のトヨタ自動車に就職する甲斐壮真さん(18)が話した。

 自分と同じ障害がありながら生き生きと活動している先輩の体験を聞くことで児童生徒の視野を広げ、進路選択の参考にさせるとともに、今後の学習や学校生活への意欲を高めようと学期ごとに開いている。小学部1年生から中学部3年生まで、通級の生徒1人を含む8人が話を聞いた。

 甲斐さんは、幼稚部からろう学校で学び、少年時代は「東海ライダース」に所属、中学部時代は下校後に東海中学校野球部に参加し、延岡学園高校に進学して野球を続けてきた。

 チームメートと一緒に写った写真を見せながらこれまでを振り返り、「高校まで野球ができてよかった。これからは寮で一人暮らしになりますが、それも楽しみ。社会人では聞こえない人の野球チームに入りたい。将来の夢は自分で造った車を買うこと」と力強く話した。

 後輩からは「就職の面接で聞かれたことは」「高校や部活で困ったことはないですか」など質問が相次いだ。

 甲斐さんは「面接では志望理由や高校生活で頑張ったことなどを筆談で尋ねられました」。

 困ったことはやはり健聴者とのコミュニケーション。「授業中は黒板に書いてあることを書き写すことを頑張りました。話す時は自分が大きく口を開け、相手にも大きく口を開けるようにしてもらった。筆談もした。手話ができる人もいます」

 それでもコミュニケーションが取れず、野球をやめたいと思ったこともあったという。「そんな時はろう学校の先生や野球部の監督に相談して支えてもらいました」と感謝した。

 また、「高校生活ではマナーを守ること、そして健康が一番大事だと思います。学校を休まず、時間に余裕を持って行動しよう」と後輩たちに呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top