【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年度県当初予算から(5)

本紙掲載日:2016-03-30
1面
延岡工高の進路指導室に並ぶ求人票入りの封筒。行政、学校、企業が一体となり、県内就職促進に取り組む

「高校生の県内就職促進」

◆企業の魅力発信を支援−2年対象のガイダンスも

 県内高校新卒者の県内就職率が低迷する。昨春はついに54%で全国最下位。なぜ、県内にとどまらないのか。

 延岡工高で進路指導に当たる黒木良一教諭は、研究・開発や特殊技術習得現場の少なさを挙げる。「培った技術力などをものづくりに生かしたいと思えば、研究現場の多い県外に出ざるを得ない。自動車板金などで技能五輪を目指したい場合もしかり」と生徒の気持ちを代弁する。7月1日が解禁の学校への求人票提出が、県外企業に比べて総じて遅いことも一因という。

 一方の受け入れ側。日向市内で鉄工所を営む島原俊英さん(53)は「安定志向が根強い県内にあって、地元に残り、地域経済に貢献をといった気概のある生徒が育っていない」と分析。企業へは「果たしてちゃんと長期計画を立てて採用をしているか。今年は業績が良いから採るが、来年は分からないでは、学校も信頼して生徒を任せられない」と問い掛けた。

 「このままでは地方創生にも影響が出る」。危機感を覚えた県は平成32年春の県内就職率65%を目標に、今まで以上に県内企業と学校の接点を増やし、自社の良さを高校生にアピールしてもらう事業に乗り出す。

 目玉は、県工業会や商工会議所などの産業関係団体と学校をつなぐ〃就職支援エリアコーディネーター〃と、企業と学校を結ぶ〃県内就職支援員〃だ。

 このうち、コーディネーターは高千穂・延岡・門川地区など6エリアに配置。エリアごとに双方の意見交換の場を設け、就職支援員とともに関係団体にインターンシップ(就業体験)などの受け入れを要請し、団体は傘下企業に周知する。

 得られた情報は受け入れ時期や人数、どの分野の生徒が対象かなど細かくデータベース化。提供を受けた学校はそれを基に、就業体験などの実施時期を企業と打ち合わせる。双方の風通しを良くすることで、企業からの積極的な発信を促すのが狙い。

 2年生向けの企業ガイダンス、1年生向けの交流フェアも初実施。「ものづくり企業現場体感塾」など、地元企業に好印象を持ってもらう取り組みも仕掛ける。

 黒木教諭は「ガイダンスなどは早い段階から県内企業に目を向けさせることができ、有効」と期待を寄せ、島原社長も「いろんな場で中小企業は面白いし、やりがいがあるよということを強く訴えたい」と力を込めた。

 県教委学校政策課は「一致団結し、地元で頑張ろうという生徒を一人でも多く増やしたい」と見据えた。(おわり)

その他の記事/過去の記事
page-top