【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「水泳のあしあと」−岡富中プール横に建立、除幕式

本紙掲載日:2016-03-28
3面
建立された記念碑を見ながら歴史をしのぶ出席者(岡富中学校)

岡中水泳部・延岡スイミングクラブ−歴史の証しに記念碑

 長年にわたり多くの水泳選手を輩出し、平成25年に幕を閉じた岡富中学校水泳部と延岡スイミングクラブの活動と功績を後世に伝える記念碑の除幕式が27日、同中学校プールそばに建立された碑の前で行われ、参加した関係者ら約60人がこれまでの歴史を振り返り、懐かしんだ。

 岡富中学校水泳部は昭和36年に故黒木政雄さんが監督となって発足し、優秀な水泳選手を輩出した。延岡スイミングクラブは、同水泳部2回生で高校卒業から後輩を指導していた富岡芳彦さん(68)が同43年に設立。多くの選手を育成してきたが、会員の減少などでおととし活動を終えた。

 記念碑は、昭和36年の水泳部の発足から52年間、多くの全国中学大会の優勝者や入賞者を生み、県中学大会での総合男子13連覇、女子9連覇など輝かしい成績を収めるなどした歴史の証しとして残すとともに、部員や関係者のよりどころにしようと、富岡さんらが中心となって製作した。

 除幕式では、建立者を代表して富岡さんが岡富中水泳部と延岡スイミングクラブの歴史を振り返るとともに、水泳部初代監督の故黒木正雄さんの息子の安志さん、県水泳連盟名誉会長で昭和42〜51年まで監督を務めた伊東尊見さんらがあいさつ。来賓らがひもを引いて除幕し、「水泳のあしあと」と書かれた記念碑をお披露目した。

 現在、都城工業高等専門学校に通う谷渕太樹さん(17)は「長い歴史の最後に部員でいることができたことを誇りに思う。練習はきつかったが、継続する力がいま役立っている。将来の夢に向かって頑張っているが、水泳は今後も続けたい」。

 富岡さんは「初代水泳部監督の黒木正雄先生ら多くの指導者や選手の活動の証しに何か形にしたかったが、記念碑を残せるようになり大変うれしい。後世に功績を伝えることができる以外に、関係者のよりどころになるのでは」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top