【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

佐伯でB−1グランプリ

本紙掲載日:2016-03-26
2面
横断幕やのぼりを手にPRする佐伯ごまだしうどん大作戦のメンバー。右が岩崎代表

4月2、3日−春まつりとコラボ

◆11月に西日本大会

 燃えるような赤い衣装に身を包んだ5人は、大分県佐伯市のご当地グルメ「ごまだしうどん」を世に広めようと活動している「佐伯ごまだしうどん大作戦」のメンバー。

 ご当地グルメでまちおこしの祭典「B−1グランプリ」の「さいき春まつり」とのコラボイベントが4月に、西日本大会が11月に同市で開かれることから、24日、夕刊デイリー新聞社本社にPRに訪れた。

 コラボイベントは4月2、3日午前10時から大手前旧寿屋跡地で。過去のB−1全国大会でゴールドグランプリを獲得した千葉県の「熱血!勝浦タンタンメン船団」、岡山県の「ひるぜん焼そば好いとん会」など9団体が集う。

 西日本大会の詳細はまだ決まっていないが、11月19、20日に開かれる。

 真っ赤な長ランを着て「佐伯愛」の鉢巻きを締めた岩崎裕祐代表(43)は「食べ物でまちおこしをしている同志が遠くから応援に来てくれるので、西日本大会に向けてさらに頑張らなければと気合を入れているところだ。コラボする『さいき春まつり』は佐伯で一番大きい祭りなので、延岡市からもぜひ食べに、遊びにきてほしい」と話した。岩崎さんは、実は佐伯市観光課の職員。

 このほかの出展団体は次の通り。

越前坂井辛み蕎麦であなたの蕎麦で辛み隊(福井県)、あかし玉子焼ひろめ隊(兵庫県)、今治焼豚玉子飯世界普及委員会(愛媛県)、田川ホルモン喰楽歩(福岡県)、対馬とんちゃん部隊(長崎県)、日田やきそば研究会(大分県)

その他の記事/過去の記事
page-top