【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元企業製造のタンク初設置

本紙掲載日:2016-03-25
4面
慎重に進められたタンクの設置作業

宮崎ひでじビール・工場増設

◆県産麦芽100%ビール増産へ

 延岡市行縢町の地ビール醸造所・宮崎ひでじビール(永野時彦社長)は、工場を増設し、醸造用タンクの設置を進めている。増設で延べ床面積は、243平方メートルから443平方メートルになり、ビール・発泡酒の生産能力は年間約150キロリットルから同約300キロリットルとほぼ倍増。稼働は4月1日からの予定。

 設置する醸造用タンクは23日、工場に6基が搬入された。ステンレス製で高さ約4メートル、幅約1・6メートルの円筒形。重さは約1・6トンあり、容量は6キロリットル。池上鉄工所の社員らがチェーンブロックで移動し、1台ずつ直立させながら、慎重に設置作業を進めた。

 設置したタンクは、今回初めて延岡鉄工団地の池上鉄工所に発注し、同社が製造した。従来は新潟県のメーカーや欧州製を使用していたが、同社の技術、鉄工団地がこれまで蓄積してきたノウハウが製造を可能にしたという。

 池上鉄工所の藤原育男課長(61)は「タンクの背が高いので安定させるために脚を短くするなど工夫しました。大きいので搬入作業にも試行錯誤がありました。地元企業として協力できて喜んでいます」と話していた。

 宮崎ひでじビールは昨年9月、県の地域中核的企業育成・強化事業の認定も受け、県産農産物の活用を展開中。

 中でも特に力を入れているのが、「県産麦芽100%ビール」の開発。原料の大麦を高原町や宮崎市の農家から確保できることになり、増産、販路拡大にめどがついた。これを受けて工場増設を決めたという。

 増設の工場は同11月に着工。総工費は約1億4千万円。うち5千万円は総務省の「地域経済循環創造事業」の補助を受けた。

 同ビールの梶川悟史統括部長(37)は、「県内産麦芽100%ビールは年内に製品化できる見込みです。地元企業が造った醸造タンクで100%県産ビールに一歩近づきました。あとは外国産を使っているホップですね。ホップ栽培の南限は島根県で、九州ではまだ栽培実績はありませんが、研究を進めています。原料や設備すべてを地元産で造ったビールを外に出して〃外貨〃を稼げるようになるのが目標です」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top