【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市の有形文化財に指定−建築物では初

本紙掲載日:2016-03-23
3面
建築物としては初めて延岡市有形文化財の指定を受けた「日高家住宅」
笠江教育長から指定書を受ける日睚殄Г気

ブリ御殿日高家住宅−延岡市教委

◆明治29年建築−重厚、伝統的工法

 延岡市教育委員会は、同市赤水町の「日高家住宅」を市の有形文化財(建造物)に指定した。22日、市役所で指定書の交付式があり、笠江孝一教育長が指定書を手渡した。同市の文化財指定は今回を含め98件目、建築物の指定は初めて。

 「日高家住宅」は、ブリ大敷網の発明で大成功を収めた日高亀市により、明治29(1896)年に建てられた木造瓦ぶき2階建ての建物(面積=1階435・53平方メートル、2階169・42平方メートル)。現在の所有者は日盖廚気鵝複牽供法0貳冥斬陲箸靴道藩僂靴討い襪燭瓠⊇斬霪發簓瀉脇發慮学などはできない。

 住宅は、幾層にも重なった入母屋と切妻の混構造の屋根が重厚な雰囲気を醸す。また、金物を使用しない伝統的な工法で建てられた和風建築ながら、浴室の天井や階段の手すり、玄関のタイル張りなどに洋風建築の意匠が取り入れられているなど、近代らしさが感じられる造りとなっている。

 市教委によると、延岡市に残る数少ない近代建築で、延岡市の近代史を語る上で非常に重要な建物であることや、赤水湾に浮かぶように立つ住宅の姿は、海と調和して美しい景観をつくり出していることが指定の理由。昨年11月に教育長の諮問を受けた市文化財保護審議会が現地視察などを行い、2月に「指定にふさわしい」と答申した。

 市指定文化財の98件の内訳は、有形文化財85件、無形文化財4件、史跡4件、名勝1件、天然記念物4件。建築物の市指定は今回が初めてなのに加え、旧延岡市、北方町、北浦町、北川町の1市3町の合併後としても初の指定となる。

 指定書交付式には、日盖廚気鵑紡紊錣蠶甲砲諒殄Г気鵝複毅検砲出席し、指定書を受けた。笠江教育長は「貴重な文化財として保存と伝承に努めたい」とあいさつ。保彦さんは「生まれ育った家が栄えある評価をいただき、少し面はゆいがうれしい気持ち。指定の意義の第一は歴史と文化の継承だと思うので、今後さらに維持して後世に伝えるとともに、情報発信にも努めたい」と話していた。

◆日高亀市
弘化2(1845)年2月4日、赤水町の網元日高嘉右衛門の子に生まれる。大正6(1917)年10月23日没。享年72歳。幕末の延岡はイワシやアジ漁が盛んで、イワシの群れを追ったブリの大群もやってきていた。当時の漁師はブリの1本釣り漁法であったが、明治8(1875)年に亀市が「ブリ沖廻し刺網」を発明し、漁獲高は飛躍的に伸びたが、周囲の漁師たちも行ったため、漁場は荒れブリの漁獲量は減少。明治25年、長男栄三郎とともに日高式大敷網を発明し、ブリ漁獲法に一大の革命をもたらした。

◆日高家住宅の特徴、価値
専門家の後藤治氏・工学院大学建築学部教授、元文化庁文化財調査官は、日高家住宅の特徴について次のように解説している。
母屋は、規模が大きく、複数の棟をつないだような形で、いくつもの座敷を備えている。その構成や規模は、地域内の他の家に見られないもので、本家がなりわいで成功すると同時に地域の中心的役割を担っていたことを示している。
大正期に増築された部分にある大広間状の座敷は、主要部材に目のつんだツガを用い、各部に装飾的な要素を使わず、柱の面取りを小さくするなど、全体的に堅めの意匠で、表向きの公的な接客の場として用いられたものと推定される。天井高が高い点に、近代和風建築らしい時代の特徴がよく表れている。

その他の記事/過去の記事
page-top