【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

音楽で地域を元気に、9組出演

本紙掲載日:2016-03-22
6面
菊地さん(右)と共に「平成延岡音頭」を歌うくどうさん。踊りは「平成延岡音頭を普及する会」
オカリナとギターのデュオ、のりやす&ポンタ

延岡で愛の笑顔コンサート

 県内出身・在住アーティストが集う「愛の笑顔コンサートAct12〜音楽のひなた」が20日、延岡総合文化センター小ホールであった。

 「音楽で地域を元気にしたい」と実行委員会(工藤美智代代表)が平成24年10月から始めた。県内の商店街、観光地、施設、ホールなどさまざまな場所で開いている。今回はジャンルもさまざまな9組が出演した。

 市内の和太鼓グループ雲海太鼓の力強い演奏と、平成18年に市内で作られた「平成延岡音頭」でにぎやかに開幕。同音頭の歌い手で、現在は東京を拠点に「惺蘭(せいらん)」の名で活動している菊地真理恵さん(延岡市出身)は、日南市出身の大学生シンガー・ソングライター長谷川万大さん(福岡県在住)と共に、昨年リリースした「想(おも)い出のフェニックスハネムーン」を披露した。

 歌手としては平仮名の名前で活動している代表のくどうさんは、手回しオルゴールを自分で回しながら、その音を伴奏にする「オルゴールシンガー」という新しいスタイルで柔らかに歌った。

 また、「今回が初ステージ」という延岡市出身の甲斐のりやすさん(宮崎市在住)は、鈴木ポンタさん(北海道出身、宮崎市在住)のギター伴奏でオカリナを独奏し、澄んだ音色を響かせた。

 同コンサートは今後、お寺や学校でも開く予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top