【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

さいき春まつりをPR−佐伯市観光協会PR隊

本紙掲載日:2016-03-21
2面
佐伯市の「さいき春まつり」をPRする永谷さん(左)と観光協会の村尾さん

4月2、3日−「B1」プレ大会も

 「延岡と佐伯は無料の高速道路でぐっと距離が近くなりました。これを機会に、心の距離も近くなるように遊びに来てください」と呼び掛けるのは、佐伯市観光協会キャンペーンレディーの永谷麻美さん。4月2、3日に同市の佐伯文化会館下お祭り広場で行われる「さいき春まつり」をPRするために15日、同協会の上村仁さん、村尾紗英さん、同市役所の高木哲也さんと延岡市内を行脚した。

 同市には、約200年前、顔にできた吹き出物に苦しめられた佐伯藩家老の娘・菊姫が、大日寺の弁財天にお参りして元の美しい顔に戻ったという伝説がある。

 この伝説を再現した佐伯藩弁財天参り「菊姫行列」は、2日午後5時30分から行われる。宝来家旅館で菊姫の「顔見せ」の後、同6時30分から大日寺本堂で法要、同7時から行列が出発し、中心部を練り歩く。

 また、3万本の竹灯籠が幻想的な風景を演出する「佐伯藩灯りの祭典2016竹灯物語」は、同日午後5時30分から歴史と文学の道、佐伯文化会館周辺で開催される。

 このほかの主なイベントは、2日がYOSAKOI演舞(午後2時35分〜)、五十川ゆき歌謡ショー(同5時〜)、ダイノジトークショー(同5時30分〜)、夜神楽「宇目神楽」(同6時30分〜)。3日が佐伯藩大名行列と明神太鼓、(午前11時〜)、市中大パレード(午後1時〜)。

 なお期間中、市中心部は渋滞が予想されるため、「佐伯堅田ICから、上城地区防災避難広場か佐伯市総合運動公園に車を止めて、シャトルバスをご利用ください」と、呼び掛けている。

 期間中は同市大手町の旧寿屋跡地で「2016西日本B1グランプリin佐伯」プレ大会も併せて行われる。今年11月19、20日に同市で開催される本大会を前に、全国から9団体が参加して佐伯の春を盛り上げる。

 「『春まつり』を楽しむほか、プレ大会で『B1』がどんなものか知っておいていただくと、秋の本大会をより楽しんでもらえると思います」とPR隊。
出店団体は次の通り。

 熱血勝浦タンタンメン船団(千葉県勝浦市)▽越前坂井辛み蕎麦であなたの蕎麦で辛み隊(福井県坂井市)▽あかし玉子焼ひろめ隊(兵庫県明石市)▽ひるぜん焼そば好いとん会(岡山県真庭市)▽今治焼豚玉子飯世界普及委員会(愛媛県今治市)▽田川ホルモン喰楽歩(福岡県田川市)▽対馬とんちゃん部隊(長崎県対馬市)▽日田やきそば研究会(大分県日田市)▽佐伯ごまだしうどん大作戦(佐伯市)

その他の記事/過去の記事
page-top