【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

〃延岡の数学〃語る−和算塾の松井さん

本紙掲載日:2016-03-19
9面
講演する松井さん

聖心ウルスラ高で講話

 延岡市緑ケ丘の聖心ウルスラ学園高校(牧野みどり校長)で15日、教育講話があった。同校後援会(井上薫会長)が、延岡の伝統文化について調べている団体「和算塾」の松井信介塾長(西階町)を講師として招き、全校生徒275人が聴講した。

 和算塾は、文化庁の助成を受けて活動しており、南方地区の歴史的遺構の調査などを行っている。松井さんは、和算に強い関心を持っていた延岡藩主の内藤政樹について話した。

 政樹は、内藤氏の延岡入封後の初代藩主。和算の研究に熱心で、日本の三大和算学者の一人、久留島義太を師範として招き勉強。自ら教科書を作成し、家臣にも学ばせたという。

 そのため、延岡では天文学や測量学が盛んになり、「延岡の数学」と認識する近隣諸国も。松井さんは「当時延岡は数学の聖地だった」と表現し、その誇らしい事実を伝えるなどした。

 講演の冒頭、松井さんは自らのプロフィルを語った。元旭化成社員で、旭化成の煙突の設計などに携わったと言い、「技術者は苦労はするが、自分の仕事が形になるという喜びがある。煙突が延岡のシンボル的な存在になっていてうれしい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top