【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

交通安全の新スローガン

本紙掲載日:2016-03-19
3面

「てげてげ運転」は分かりにくい−県交通安全対策推進本部

 県交通安全対策推進本部(本部長・河野知事)は18日、県庁で総会を開き、新たに四つの県交通安全スローガンを決めた。県内の交通課題を踏まえ、高齢者交通事故抑止、漫然運転追放、飲酒運転根絶、自転車の安全利用の4項目でスローガンを設定。今後の啓発活動に活用していく。

 これまで県スローガンは、平成21年に公募で決まった「てげてげ運転追放運動〜ストップ!脇見ぼんやり運転〜」を使用。しかし、「てげてげ運転」が「抽象的でわかりにくい」や県外ドライバーからは「何のことか分からない」などの声が上がっていたという。

 同本部は「てげてげ運転」を「漫然運転」に変更。昨年11月から今年1月にかけて新スローガンを公募し、153件の応募があった。

 その結果、高齢者交通事故抑止は「まだ行ける!若いつもりは事故のもと」、漫然運転追放は「一瞬の脇見や油断が事故のもと」、飲酒運転根絶は「あぶねえが!飲んで運転まだすると!!」、自転車の安全利用は「登下校命を守るヘルメット」に決まった。

 同本部事務局の県生活・協働・男女参画課は「のぼりやチラシなどで活用していきたい」と話している。

 また、総会では来年度の活動方針に「高齢者の交通事故防止」を新たに追加し、岡山県などで導入されている高齢者交通安全五則を使った啓発に取り組むことを確認した。

 昨年1年間の県内人身事故は9461件で前年比298件減となった。交通事故死者数は3人増の52人で、うち65歳以上の高齢者の占める割合は7割近くなっている。物損事故は2万2908件と、前年より120件増加。事故原因の多くは、考え事や脇見などという。

その他の記事/過去の記事
page-top