【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市民挙げて清掃活動−延岡

本紙掲載日:2016-03-18
2面
沿道清掃活動に取り組む市民ボランティアの皆さん

北浦地区区長会「快適に過ごしてほしい」

 延岡市北浦町内13地区で組織する北浦地区区長会(会長・山口博康市振区区長)は13日、市民ボランティアの協力で町内沿道の一斉美化活動を行った。

 昨年3月21日に東九州道の佐伯―蒲江間が開通以降、町内でも観光客が増加。4月24日に北九州―宮崎間が全線開通し、同月下旬には古江港敷地内に北浦臨海パーク「きたうらら海市場」がオープンすることから、訪れる観光客に少しでも快適に過ごしてもらおうと実施した。

 参加したのは延岡地区建設業協会北浦支部、北浦町総合支所などの関係機関をはじめ、地元の園児や児童生徒から高齢者までの一般ボランティア。延岡アースデイ事務局との協同開催で、ホームワイドやマックスバリュを含む市内のイオングループ関係者約20人と、九州電力延岡営業所関係者約50人も参加。それぞれ火ばさみなどを使って沿道に落ちたごみや空き缶などを拾い集め、用意したビニール袋に分別収集した。

 同町総合支所地域振興課によると、ごみの量は約2時間の作業で4トントラック5台分に上ったという。

 山口会長(68)は「地区ごとに年2回実施いただいているが、観光客の皆さんに『北浦はいつもきれいにしているな』と思っていただけるように合同でも実施したい。継続することで地域の人たちの環境美化への啓発やコミュニケーションの場、ひいては防犯にもつながることを期待したい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top