【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

SO支援自販機を設置−日向

本紙掲載日:2016-03-18
2面
SO日本・宮崎を支援する自動販売機を設置した大川泰英さん

鍼灸マッサージ師の大川さん

 日向市亀崎東の鍼灸(はりきゅう)マッサージ師・大川泰英さん(36)は16日、自宅に併設する大川鍼灸治療院の駐車場に、売り上げの一部をスペシャルオリンピックス(SO)日本・宮崎に寄付する清涼飲料水の自動販売機を1台設置した。県内では初の設置という。

 SOは、知的発達障害のある人たちにスポーツのプログラムを提供し、自立や社会参加を支援している国際組織。

 サッカー少年だった大川さんは13歳のとき、地区の運動会で事故に遭い、一命は取り留めたものの、右目を失明し、左目は視野狭さくに。左足首にはまひが残った。

 その後、いくつもの苦難を乗り越え、平成19年、同市曽根町に治療院を開業。昨年結婚し、このほど同市亀崎東に新居を新築、治療院を移転したのに合わせ、自動販売機の設置を申し出た。

 中学時代の恩師に声を掛けてもらい、同20年からSO日本・宮崎のサッカー指導にボランティア会員として携わっている。「練習は楽しいし、参加するたびに癒やされている」という。

 設置後すぐ「記念すべき1本目を」と、うれしそうに清涼飲料水を購入した大川さん。「支援につなげたいという思いはもちろん、何よりSOの存在を知ってほしい。そのきっかけになれば」と話している。

 また、SO日本・宮崎の県北地区広報担当、鈴木睦代さん(61)は「とてもうれしい。ありがたい」と感謝。「支援の輪をさらに広げていきたい」としている。

 SO日本・宮崎では、七つのスポーツ(水泳、陸上、ボウリング、バスケット、サッカー、ゴルフ、スノーシューイング)に取り組み、現在、アスリート、ボランティア会員(コーチを含む)、ファミリー会員を合わせ約300人で活動している。

その他の記事/過去の記事
page-top