【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新玉ネギを収穫味わう

本紙掲載日:2016-03-14
7面
多くの市民でにぎわった新玉ネギの収穫感謝祭(13日、延岡市祝子町)
新玉ネギの天ぷらを味わう来場者

たくさんの市民が魅力堪能−JA延岡

 新玉ネギの収穫感謝祭が13日、延岡市祝子町のJA延岡地域農業振興支援センターであった。来場者は、同センター周辺15アール分に植え付けてある「空飛ぶ新玉ネギ」で知られる超極わせ玉ネギ「トップゴールド」と極わせ品種「浜笑」の収穫を楽しんだ。

 同センターで栽培した新玉ネギの収穫体験を通じて食の安全・安心をPRするとともに、農業やJA延岡への理解を深めてもらおうと、同地JA子会社の同センターとプリエール延岡、エネライフが合同で初めて開いた。

 来場者たちは、青い茎を両手で力いっぱい引っ張っては、丸々と太った新玉ネギを次々と掘り出した。幼児たちからは「大きいのが取れたよ」などの声が上がっていた。

 新玉ネギの試食もあり、来場者はホカホカの天ぷらの振る舞いで新玉ネギ独特の甘みを堪能していた。

 会場ではブロッコリーやネギ、キャベツ、野菜の苗、玉ネギドレッシングを販売したほか、プリエール延岡やJA共済の相談コーナーも特設され、興味のある市民が利用していた。

 友人と2人で訪れた白石ヤヨイさん(66)=延岡市尾崎町=は「販売だけかと思っていたので、自分たちで収穫もでき楽しかった。子どもたちに分けたり、手作りドレッシングに使います」。父親と友人の3人で参加した南小6年の黒木梨帆さん(12)=同市片田町=は「抜いているうちに、どんなのが大きいか分かるようになり、たくさん収穫できて楽しかった。新玉ネギは好きなので、サラダや肉じゃがにして食べたい」と話した。

 JA延岡によると、来年も継続する計画という。

その他の記事/過去の記事
page-top