【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県立病院の実際を学ぶ

本紙掲載日:2016-03-14
3面
ヘリポートを見学する医学生の皆さん(9日、延岡市愛宕町)

医学生、見学バスツアー

 医学生のための県立病院群見学バスツアーが9〜11日の3日間、延岡市愛宕町の県立延岡病院など県内3病院で行われた。県病院局が、研修医確保のために平成23年から春と夏の年2回実施しており、今回は宮崎大、長崎大、高知大から4年生と5年生の計11人が参加した。

 このうち延岡病院には9日の午後6時前、宮崎病院での見学を終えた一行が到着した。早々に紺色の術衣に着替えた医学生たちに、救命救急センターの竹智義臣部長が同センターについて説明。設立の経緯やセンターの性格、機能などの説明を受けた後、処置室やヘリポートなどを見学した。

 寺尾公成副院長は研修医のプログラムや生活ぶりを説明したほか、延岡病院は救急医療、宮崎病院は高度医療、日南病院は地域医療と、それぞれに特化した病院を目指していることを紹介した。

 「まずは国家試験をパスしてください。国家試験を通らなかった医学部卒は、何の役にも立ちません」と激励。延岡の名物や景勝地、延岡病院の福利厚生についても触れ「延岡を医療人としての〃出会いのまち〃にしてほしい。皆さんを待っています」と呼び掛けた。

 研修医との懇談を兼ねた夕食会もあり、延岡病院での勤務や生活についての話を聞いた。また、同日は院内で宿泊し、夜間救急の当直も体験した。

 へき地での地域総合医を目指している宮崎大5年の茅野正行さん(24)=宮崎西高卒=は、「延岡病院には初めて来ましたが、救命救急に特化している点と、竜巻被害の経験を生かした体制がつくられている点に興味を持ちました。このツアーは三つの病院を見られるので充実しています」と感想を話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top