【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

行縢で英語漬けの2日間−聖心ウルスラ学園

本紙掲載日:2016-03-12
7面
留学生からアクティビティーの説明を受ける生徒たち

APUの留学生とイングリッシュキャンプ

 延岡市の聖心ウルスラ学園(佐田栄子理事長)の「アクティブイングリッシュキャンプ」は10、11日に行縢町の県むかばき青少年自然の家であった。生徒たちは、立命館アジア太平洋大学(APU、大分県別府市)の留学生と英語漬けの2日間を過ごした。

 国際的な視野を育てることなどが目的。6回目の今回は、聡明中の中学3年〜高等部2年生52人と、高校1〜2年生の特進コース29人の計81人が参加。APUの7カ国10人の留学生とゲームやトレッキング、英語劇などを通して交流した。

 この2日間は「日本語禁止」がルール。先生も生徒も留学生も全ての会話を英語だけで行い、生徒たちは四苦八苦しながらも何とか自分の考えや思いを伝えた。

 初日の「アクティブイングリッシュ」という英語を楽しく学ぶゲームでは、五つのアクティビティーが用意され、生徒はグループをつくって巡回。各アクティビティーの司会進行を留学生が務めた。

 「IceSkatingQuickly(素早くアイススケートを行う)」などと書かれたカードをジェスチャーのみで伝えるゲームなどが行われ、生徒も留学生も笑顔いっぱいだった。

 APU4年生でウガンダ出身のキース・オンガリアさん(24)は「このイベントに参加できて光栄です。子どもたちから刺激を受けながら楽しめています」と感想。

 高校1年生の井ノ久保里沙さんは「将来外国で働くのが夢。ネーティブに触れるとても良い機会で新鮮だった。今後に生かしたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top