【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「蒼空」空どこまでも蒼く

本紙掲載日:2016-03-09
7面
蒼空の一場面
日之影町出身の工藤貴史さん
(前列左から)工藤さん、藤田主宰(後列左から)小田実行委員長と顧問の黒木二三夫さん

8月24日、延岡公演−特攻隊が出撃した鹿屋基地を舞台に

◆演激集団INDIGOPLANTS−日之影出身・工藤貴史さん出演
「忘れてはいけないこと」ちりばめた感動作

 太平洋戦争末期、神風特攻隊が出撃した鹿屋基地(鹿児島県鹿屋市)を舞台にした創作劇「蒼空(そうくう)〜空どこまでも蒼(あお)く」延岡公演が、8月24日午後6時30分から延岡市野口記念館である。隊員の生きざまや隊員を見送った地域の人たちの思いを描く。

 劇団「演激集団INDIGOPLANTS」(埼玉県和光市、藤田信宏主宰)が平成21年の旗揚げ以来、基地のあった鹿屋市をはじめ東京都内など全国各地で上演し、多くの人々の心を打った不朽の名作だ。

 準主役として出演しているフリーの俳優、工藤貴史さん(54)=東京都府中市=は延岡工業高校OBで日之影町八戸出身。「いつかふるさとで上演したい」という熱い思いを知った演激集団INDIGOPLANTS主宰の藤田さん(40)や、高校時代の旧友たちの協力で県内初公演が延岡で実現する。

 「長い間の夢がかなってうれしい。ぜひ大成功に導きたい」と意欲を見せている。

 八戸小、八戸中から延岡工業高機械科Bに進学、卒業後に上京した。サラリーマンから一念発起、20歳代半ばから芸能プロダクションに所属して俳優として活動後、フリーに転身。演激集団には7年前の旗揚げ時から参加し、全公演に出演している。

 この作品で工藤さんは、藤田さん演じる主人公の上官であり、物語の軸を担う学徒兵・島少尉を演じる。

 「われわれの世代は両親や親戚のおじさんなどから戦争のことを聞いてきており、次世代に伝えることができる狭間の年代だと思っています。演激集団には『忘れてはいけないことがあるから』というテーマがあります。戦後70年を過ぎ、どんどん風化する風潮がある中、明確に伝える使命感を感じています。ぜひ、若い世代の方に見に来てほしい」と訴える。

 主演と演出を手掛ける藤田さんも「忘れてはいけないことがあるから」が同劇団のテーマで、理念であることを強調。その上で、「戦争があった、特攻隊があったという歴史的な事実だけでなく、生きたくても生きることができなかった方々の犠牲の中で、今の平和な世の中があること。当たり前すぎて気付かない実生活の中にも『忘れてはいけないこと』が、たくさんちりばめられています。ご覧になったお客さんそれぞれの感性で、何かを見つけてもらえるような舞台にしたい」と言葉に力を込めた。

◆公演成功に向けて

 「蒼空」延岡市実行委員会は今月2日、工藤さんの高校時代の同級生や部活動(空手道)を通じて知り合った他校の友人たちを中心に約20人で立ち上げた。関東在住の宮崎県北出身者でつくる組織「BAMBA会」の協力も得ており、今後、月1回ペースで定例会を開いて準備を進めていく。

 延岡工業高時代のクラスメートで、実行委員長を務める小田初光さん(54)=延岡市柚の木田町=は「どなたでも構いません。興味のある方、協力できるという方は、ぜひ連絡をいただきたい。組織を大きなものにして、公演を大成功させたい」と実行委員の参加を呼び掛けている。問い合わせは小田さん(電話090・3882・1744)。

 チケットは全席自由で一般3500円、学生3000円(いずれも税込み)。前売り券は5月中旬から延岡観光協会で発売予定。

【あらすじ】
終戦間際…。神風特別特攻隊。片道の燃料と爆弾だけを積み、敵艦船へ体当たり攻撃を加える。あすの未来と決別し、命を散らせていく大勢の若者たち。しかし彼らは、今、目の前にある生をまぶしいくらいに輝かせていた。
鹿児島県鹿屋市、海軍航空基地。そこに、片方の目が弱視のため特攻隊員になることができなかった主人公・倉橋学が、偵察・先導・戦果確認の任務を受けて着任するところから話は始まる。
倉橋は根っから空が好きで、空を飛びたいがためにパイロットになった男だ。特攻作戦のもと、特攻機を忠実に敵艦船の上空まで先導していた倉橋だが、上官、部下、親友と関わっていく中、特攻とは何なのか疑問を抱き、自分の本心、自分の生き方と向かい合っていく。
しかし、そんな倉橋をよそに、日本の戦況は日に日に悪くなる−−。
蒼(あお)い空に生命と希望をかけた秀逸な人間ドラマ。

その他の記事/過去の記事
page-top