【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ベーカリー原田・原田店長が発表

本紙掲載日:2016-03-09
3面
取り組み事例を発表するベーカリー原田の原田店長(右)と馬場サブコーディネーター

県よろず支援拠点事例発表会

 県産業振興機構内に設置された県よろず支援拠点の平成27年度下半期事例発表会は7日、宮崎市内であり、4事例の取り組みや成果が報告された。このうち、延岡市のベーカリー原田は事業計画書の策定などを通じて、売り上げ増につながったことを話した。

 ベーカリー原田の原田克彦店長は昨年、ホテル勤務を辞めて家業を継いだ。意欲はあるものの、不慣れな分野で困惑していた時に同拠点延岡サテライトの存在を知り、相談。馬場拓サブコーディネーターと中期事業計画策定に乗りだした。

 自社の強みや課題など環境を洗い出していくうちに、日頃の仕事の中で経営について考えていくようになったという。道の駅北浦の「月の塩」を使った売れ筋商品の開発やのぼり旗の設置などで売り上げがアップし、目標を上回った。

 買い物弱者支援のために移動販売用の車両を購入した。原田社長は「第三者と話すことで、いろいろと気付かせてもらえた。パン好きな人は多い。これからも売り上げていけるように、しっかりと経営したい」と意欲。馬場さんは「よろず支援拠点の役割を果たせた。事業計画を策定することで、金融機関の信頼も高まる」と振り返った。

その他の記事/過去の記事
page-top