【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市組織改編−4月1日スタート

本紙掲載日:2016-03-08
1面

ブランド推進「室」から「課」へ

◆五輪サーフィン招致−推進係を新設

 日向市は7日、4月1日から新年度スタートの組織改編の概要を発表した。改編は「少子高齢化や人口減少問題がもたらす社会構造の変化や住民ニーズの多様化など、さまざまな行政課題に効果的かつ効率的に対応し、日向市総合戦略の実現に向けての取り組みを推進するため」としている。

 改編がある部は産業経済部、建設部、健康福祉部。産業経済部は平成26年4月に農業畜産課内に設置の「日向ブランド推進室」を「ブランド推進課」に昇格させ、課内にブランド開発係とブランド流通係を置く。

 同推進室ではブランド推進係の一つだったものを課の編成では二つに強化。開発係は、薬草の里づくり事業、農林水産物、観光商品など地場産品の6次産業化やブランド化に関する事業を担当。流通係は同市の応援寄付金事業を含む農林水産物ブランドの流通やブランドに関する情報発信、販路拡大に力を入れる。

 産業経済部はほかに、スポーツタウン推進室に2020年東京五輪の追加種目候補となっているサーフィン競技の開催地招致に向け、オリンピック・サーフィン競技招致推進係を新設する。同競技招致は「官民一体で取り組む」としている。

 建設部は「適切な管理が行き届いていない空き家に関する諸問題解決に向けた対応を図る」として建築住宅課に空家対策推進室を設け、同推進係の職員を配置する。都市計画課では、同部内の総括的・政策的な事項を担うことを明確にする目的で課の名称を都市政策課へ変更。現行の都市景観係を技術調整係に改め、同係は部内の施設管理計画や事業調整を担う。

 健康福祉部は、高齢者あんしん課の係再編を実施。高齢者福祉係を廃止し、変わって新たに地域ケア推進係と高齢者支援係を配置する。地域ケア推進係は地域包括ケアシステムの構築など新たな制度や政策を担い、高齢者支援係は現在、市内に6カ所ある地域包括支援センターの対応を主な業務とする。

その他の記事/過去の記事
page-top