【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県ベジ活コンクール−「ごぼおからイタリアン」

本紙掲載日:2016-03-07
3面
最終審査で調理する那須さん

那須さん(日向)がアイデア賞

 野菜をふんだんに使ったレシピを募った平成27年度県ベジ活コンクールの最終審査は6日、宮崎市であり、日向市の那須周子さん(51)の作品「ごぼおからイタリアン」が優秀賞(アイデア賞)に選ばれた。

 県は、県民の野菜摂取量が国の定めた必要量1日350グラムを下回っていることを受け、「野菜を積極的に食べる活動」=「ベジ活」を展開している。

 レシピは「1品当たり野菜を100グラム以上使用」「入手しやすい野菜(本県産を推奨)」「手軽にできる(20分以内)」を基準に募集し、88件の応募があった。1次審査を通過した5件が最終審査に進んだ。

 那須さんは、和食で使われることの多いゴボウを、トマトやチーズと一緒に調理することでイタリアン風に転換。おからを混ぜることで、水気が少なくなるように仕上げた。「ゴボウは栄養価が高いので、若い人にも食べてもらいたい」と話した。

 最優秀賞は平田ツタさん(宮崎市)の「切り干し大根とササミのささっとサラダ」。レシピは県ホームページで公開される。

 また、県民の野菜摂取量の増加に向けた取り組みを行う飲食店「県ベジ活応援店」の第1弾登録店(3月1日時点)が決定。県北からは飲食店で「居酒屋無我夢中(高千穂町)」、「道の駅高千穂レストラン(同)」、バイキング店で「レストラン春夏秋冬(同)」。今後は、県ホームページで順次、登録店を掲載していく。

その他の記事/過去の記事
page-top