【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

言論と表現の自由を語り合う

本紙掲載日:2016-03-07
3面
平和の大切さを考えた第32回「平和の日」延岡の集いのフィナーレ
「子ども」をテーマに対談する加賀さん(左)と澤地さん
「いのち」について話す新井さん(左)と吉岡さん
「神話」をテーマに話す中西さん(左)と花田さん
「自由」についてトークする山本さん(左)と浅田さん
リレートークに聞き入る満員の観客

日本ペンクラブ「平和の日」延岡の集い

◆平和の大切さ訴え−「子ども」「いのち」「神話」「自由」
 作家ら8人−2人ずつリレートーク

 日本ペンクラブの第32回「平和の日」延岡の集いが5日、延岡市の延岡総合文化センターで開かれた。作家ら8人が2人ずつ4組で「子ども」「いのち」「神話」「自由」をテーマにリレートークを行い、満席の会場に向けて平和の大切さを訴えた。

 同クラブの浅田次郎会長が「会の趣旨は、言論と表現の自由を守ること。戦争はこれらが抑圧されたところから始まる。平和についてしっかり考える機会にしてほしい」とあいさつ。首藤正治市長は「県内で初めての開催で、大変うれしい。平和への思いを新たにする一日にしてほしい」と会場に呼び掛けた。

 はじめに澤地久枝さん(作家)と加賀乙彦さん(同)が、「子ども」をテーマに対談。戦争の時代と重なった幼少年時代を、加賀さんは国内、澤地さんは満州での学校教育や生活、空襲の体験などの思い出をたどった。

 加賀さんは当時の教育などに触れ、「いつの間にか『戦争をすることはいいこと』ということになる。大変怖いこと」などと話した。

 続いて登壇した新井満さん(作家、作詞作曲家)と吉岡忍さん(作家)は、歌や音楽、詩で「いのち」の尊さを表現。まず、新井さんが自ら作詞作曲した「千の風になって」の2番までの歌詞を朗読、3番を歌で披露し、会場を魅了した。

 吉岡さんは、東日本大震災から5年を迎える東北地方で書いた詩を、新井さんが付けた音楽に乗せて朗読。悠久の自然と受け継がれる命の営みを伝えた。新井さんは、自身で作詞作曲した「命のバトン」を披露し、命の大切さを見詰めた。

 花田景子さん(エッセイスト)と中西進さん(文学者)は「神話」について対談。花田さんがニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出会いや海幸彦と山幸彦の話などの日向神話を紹介し、中西さんがさらに分かりやすく説明した。

 花田さんは、震災時に耐え忍び、支え合う国民性に触れ、「神話の考えに基づいているからでは」と関連付け。中西さんは「美しい神に支配されたような倫理感があると人は幸せになる。互いに倫理があれば争いは起きない」などと話した。

 最後は浅田次郎さん(作家)と山本晋也さん(映画監督)が「自由」をテーマにトーク。77歳の山本さんは、実際に経験した東京大空襲の様子について証言し、「一晩で下町は全焼し、焼けた炭状の死体がたくさんあった」と惨状を語った。

 戦争をしないために浅田さんは、「憲法を大切にしなければいけない。変えるにしても第9条は大切。変える時は9条の精神は第1条にしてほしい」と持論。山本さんは「聖徳太子も一番目は『和をもって尊しとなす』ですから」と応じた。

 延岡市の女性(80)は「私も空襲を経験しているので、戦争当時の思い出と重ねて話を聞くことができた。もっと若い人にも聞いてほしかった気持ちもあります。すべてのトークがよかった。願わくばもう一度開いてほしい」と話していた。

◆日本ペンクラブ

 日本ペンクラブは、ロンドンに本部を持つ国際ペンの日本センターとして1935(昭和10)年11月26日に創立。初代会長は島崎藤村。作家や詩人、俳人、劇作家、エッセイストらで組織し、平和や言論表現の自由を守る活動などの取り組みを続けている。

 「平和の日」は、1984(同59)年5月に日本で開かれた「第47回国際ペン東京大会」の平和委員会で設定され、翌年に第1回目の取り組みが実施された。第2回目からは3月3日に合わせ、世界中のペンセンターで平和を希求するキャンペーンを行っている。

その他の記事/過去の記事
page-top