【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−廣瀬武男(ひろせ・たけお)さん

本紙掲載日:2016-03-05
2面

第23回延岡アースデイ実行委員長

 「皆さんボランティアで長年参加してくださる。頭が下がります。また、組織がしっかりしているし、役員の皆さんも熱心」と改めて感じている。

 区長などを務める中で大会に参加していたが「他の区長さんたちに参加を呼び掛けるためには、内容を知らないといけない」と10年ほど前から運営にも携わる。前回、前々回は次期実行委員長として実行委員会を支えた。

 目指すアースデイは「皆で力を合わせて楽しく取り組み、ボランティアをしながら地域、延岡の良さを知ってもらえるイベント」。

 「小さな子どもたちが木を植える。植えるとその木が気になる。またその場所に行く。そうやって、だんだんその地域を知る。そういうことが大事だと思う」

 10、20年先を見据え、里山の整備や継続参加、若い人たちの参加の重要性を説く。

 その一環として今回、新しい活動場所を2カ所設置。これまで参加したことのある人や団体全員に協力を呼び掛けた。「アースデイは大事なイベント。新しい場所も開拓しながらずっと続けていきたいので、皆さんに、ぜひ、協力をお願いしたい」と話す。

 第23回延岡アースデイは13日午前8時から、延岡市の「かわまち交流広場」で開会式を行う。今年は、約3千人が参加して五ケ瀬川流域の24会場で植樹や清掃活動などに取り組む予定。大会を前に「今年もけがなく、無事に終わってほしいですね」と話す。

 大貫町在住。延岡市区長連絡協議会事務局長、同市川中地区区長会会長、同市中央地区社会福祉協議会会長、水と緑を守る祭典実行委員長など役職多数。多忙な中、楽しみは近くに住む大好きな孫たちにテニスを教えること。「子どもは成長が早いですよ」と笑顔で話す。70歳。

その他の記事/過去の記事
page-top