【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

6年間過ごした学校、友と別れ

本紙掲載日:2016-03-04
2面
県立五ケ瀬中等教育学校の第17回卒業式。長津校長から卒業証書を受け取る卒業生

37人が卒業−五ケ瀬中等教育学校

 五ケ瀬町にある全寮制の中高一貫校、県立五ケ瀬中等教育学校(長津和彦校長)の第17回卒業式は3日、同校体育館であり、卒業生37人(男子22人、女子15人)が6年間を過ごした学びやと寮を巣立った。

 卒業生一人一人に卒業証書を手渡した長津校長は「美しい自然と伝統文化、人情味あふれる五ケ瀬の地で感性を磨き、心身を鍛え、一生の財産となる仲間と友情を育み、未来を生き抜く力を養った皆さんは力強く輝いている。ここで学んだ6年間を誇りに堂々と進んでいってほしい」と、はなむけの言葉を送った。

 来賓あいさつなどに続き、在校生代表の飯干蒼馬君(5年)が送辞。卒業生との思い出を回顧しながら、「先輩方と長く濃密な時間を過ごしてきたことは私たちの宝物。これから進む道で自分の歩みを止めてしまいそうな時、今にも泣き出してしまいそうな時は、いつも後輩たちが応援していることを思い出してほしい」と呼び掛けた。

 これに対し卒業生代表の宇高駿飛君が答辞を述べ、「これからの道のりは長く険しいものになるかもしれないが、五ケ瀬の地で学んだこと、多くの方に支えられてきたことを忘れず、今度は自分が人を支えるために何ができるかを考えながら精いっぱい生きていくことを誓います」と新たなステージでの飛躍を約束した。

 式の後は、クラスメートや後輩たちと寝食を共にした学校寮「こだま寮」の卒寮式も行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top